米フェイスブック、サイバーセキュリティ専門プラットフォームを立ち上げ

米フェイスブック社は、サイバーセキュリティに関する情報を共有するためのプラットフォーム「ThreatExchange」を立ち上げたことを発表しました。

セキュリティの専門家や企業が対象で、新しい脅威や脆弱性などの情報を相互に共有することができます。

このプラットフォームはフェイスブックのシステム上に構築され、フェイスブックで既に実績のあるプライバシーの仕組みを利用しているので機密情報を保護しながら、誰と共有し、どの範囲まで公開するかなどを設定することができます。

共同作業を効率化させ、新しい脅威に対する早期の防御策の策定に役立てることが目的です。

「ThreatExchange」はβ版(正式ではない、開発中の意味)として公開され、現在TwitterやYahoo、Dropboxなどがメンバーとなっています。

関連リンク:ThreatExchange(※海外のページにリンクされています。)

パソコンやインターネットで困った時は