家庭用ルーターも狙われるように

トレンドマイクロのセキュリティブログによると、家庭用のルーターへの攻撃が確認されたということです。

著者の自宅のDNSルーターの設定が書き換えられ、そのルーター経由でインターネットにアクセスする全てのデバイス(パソコン、スマホ、タブレット)で警告が表示されるというもの。

「個人情報漏えいの危険がある」などの文章とともに電話番号が記載されていることから、広告を表示させるプログラムのようです。

記事では、DNS設定はISP業者(プロバイダー業者)に事前に設定されていることからどのような方法で設定変更されたのかは不明。ルーターが供給された時点からそもそもハッキングされていたのではないかという可能性も伝えられています。

しかし多くの場合は、ルーターの初期設定(パスワード等)を変更することで、脅威を回避出来るともしています。

関連リンク:家庭用ルータを狙って偽の警告文を表示する新たな攻撃を確認

パソコンやインターネットで困った時は