マイクロソフト、定例外の緊急セキュリティパッチを公開

マイクロソフトは21日、定例外の緊急セキュリティパッチ「MS15-078」を公開しました。

Microsoft フォント ドライバーの脆弱性により、リモートでコードが実行される問題(「CVE-2014-2426」)を解決するさせるためのもので、特定のフォントを使用している不正なwebページアクセスするなどした際にリモートでコードが実行される可能性があります。

この脆弱性の深刻度は「緊急」で、すべてのWindowsに影響するとしています。自動更新を有効にしている場合には自動でインストールされますが、自動設定をしていない場合は早めに更新しましょう。

関連リンク:マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-078 – 緊急

パソコンやインターネットで困った時は