マイクロソフト、定例外のセキュリティ更新プログラムを公開

マイクロソフトは11月18日、定例外(通常は月例で公開)のセキュリティ更新プログラムを公開しました。

これはWindows Server上の「Windows Kerberos KDC」の脆弱性に対応するものです。

悪用されると、標準ユーザーアカウントから管理者アカウントに権限の昇格が可能となります。管理者権限が取得されれば、データの改ざんや悪意のあるプログラムのインストールなどができる状態になってしまうため、深刻度は一番高い『緊急』に分類されています。

該当のOSを業務などでお使いの場合は、早急に更新するようにしてください。

関連リンク:マイクロソフト セキュリティ情報 MS14-068 – 緊急

パソコンやインターネットで困った時は
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-713-835 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
今すぐお電話で相談したい方はこちらをタップ 0120-713-835連絡先に追加する