「Endeavor SY01」テレビをパソコンにするスティックPCという選択肢『起動編』

『SY01』製品レビューの第二回は、パソコンとして使用できるようにモニターに接続していきます!!

第一回をまだお読みでない方はこちらをどうぞ – テレビをパソコンにするスティックPCという選択肢『開封の儀編』

パソコン用のディスプレイに接続してみた

SY01は、HDMI端子が搭載されているモニターであれば何でもパソコンにすることができます。今回は余っていたPCモニターを使用することにしました。

HDMI端子と給電用のUSBケーブルも接続します。付属のHDMI延長ケーブルは、ディスプレイ側の端子周りのスペースが狭く、直接挿せない時のために使用します。このPCモニターでもこの延長ケーブルが必要でした。

また最近のテレビはUSB端子が搭載されているものが多く、その場合はテレビに給電用ケーブルを接続することでも使用できます。USB端子非搭載モニターなのでACアダプタで接続することになりました。

IMG_8675

このような接続状態になります。スティックからHDMIの延長ケーブルと給電用USBケーブルが伸びています。

IMG_8678

USB端子がひとつ空いているので周辺機器を接続することが可能。

IMG_8682

起動した後に初期設定があるので、キーボードを接続しています。

さぁ起動してみましょう

接続するまでにかかった所要時間はわずか5分程度。わずか3本のケーブルとキーボードを接続するだけでディスプレイをパソコンにすることができます。

起動するとWindowsおなじみの初期設定画面が現れます。パソコンの名前やユーザーアカウント設定等々。設定画面の中にWi-Fi接続設定も含まれていたので、デスクトップ画面が表示された時点で既にインターネットに繋がっています。

大画面のディスプレイを前にソファでくつろぎながら使用したい場合はワイヤレスのキーボード&マウスで使いたいですよね。しかし注意したいのは、初期設定にはパソコンに名前を付けたりアカウント設定のためにキー入力が必要なことです。

Bluetoothキーボードは予めペアリングと呼ばれる認識作業が必要なので最初からは使用できず、有線キーボードが必要(マウスはなくてもキーボード操作だけでなんとか設定は可能)となります。もちろんPS2接続のものはダメで、USB接続のキーボードが必要。持っていない場合は別途購入が必要です。

IMG_8687

ディスプレイに伸びるHDMI延長ケーブルの横にある小さなボタンが電源ボタン。押し込むと青いLEDが点灯。

IMG_8685

メーカーロゴ『EPSON』マークが表示されました。

IMG_8686

初回起動時はおなじみの設定画面で始まります。初期設定は慣れている人であれば数分で終わる程度のもの。

IMG_8724

ここでデスクトップ画面が表示されました!!デスクトップ画面には『ゴミ箱』『Adobe Reader』『PCお役立ちナビ』『お客様満足アンケート』しかなく、最小限でスッキリしていていい印象。キーボードを取り外してカメラを接続してみました。カメラはWindows標準ドライバーで動作するものなので接続するだけで認識されました。

IMG_8692

有線キーボードの代わりに、Riitek社から発売されているBluetooth接続の『Rii mini Bluetooth keybord RT-MWK02+』を使います。

IMG_8694

『RT-MWK02+』は横幅18.6cm、高さ10.8cmの筐体にキーボードとタッチパッドが搭載されています。

IMG_8710

やはり小さくて快適操作とは言えませんが、10分も使っていれば慣れてきて普通に操作できるようになります。しかし慣れたとしても、やはり長文は厳しいです。

IMG_8715

極小パソコンと極小キーボード&トラックパッド。最高の組み合わせ!!小さいもの(ガジェット)好きな私としてはこの時点でニヤニヤが止まりません。ペアリングはWindows側でBluetoothをオンにし、ペアリングボタンを押して画面に表示されたキーを押すだけでした。

次回は実際にアプリケーションを起動させたりベンチマークを実施します。使用感のまとめを掲載しますので、こうご期待!!

『使ってみた編』公開しました。

パソコンやインターネットで困った時は