Windows OSには、Microsoftのサポート期限がございます!

Windows Vista/7/8/8.1を
お使いのお客さまへ

Windows OSには、Microsoftのサポート期限がございます。

Windows OSのサポート終了日

WWindows OSのサポート終了日

Windows VistaとWindows 7はサポートが終了しています。
Windows 8/8.1は2023年1月10日にサポートが終了します。

サポートが終了しているWindows Vista/7/や
2023年1月10日にサポートが終了するWindows 8を
使いつづけるのは非常に危険!

脆弱性によるウイルス感染

ウイルス感染

OSのサポートが終了するとセキュリティー更新プログラムの配布も同時に終了いたします。そのため、コンピューターウイルスなどの外部からの攻撃に対して無防備な状態になってしまい、ウイルス感染するリスクが高まります。ウイルス感染すると大切なデータが消されてしまったり、個人情報などが持ち出されるなど、危険が高まります。

ソフトをインストールできない

インストールできない

ソフトメーカーもサポート期間中のOSで使用されることを考慮して製品開発いたしますが、サポート期間が終了したOSは、今後販売される製品については考慮されなくなります。また、今使用しているソフトを最新版にアップデートした際に使用できなくなる可能性がございます。

最新の周辺機器が使えない

周辺機器が使えない

最新のプリンターやマウスなどはサポート期間が終了している、もしくは終了するOSを考慮せずに開発されています。そのため、今使用しているプリンターやマウスなどの周辺機器が故障して買い替えた際に使えない!といったトラブルが起こってしまう可能性がございます。

サポートが終了したWindowsはセキュリティーを守ることができません!

サポートが終了したWindowsを泥棒が狙っています!!

Windows Vista/7/8/8.1OS(基本ソフト)のサポート終了=ドアや窓の壊れた家に住んでいるようなものです。

サポートが終了してしまうと、これまで更新されていたセキュリティープログラムが更新されなくなります。ドアや窓の修繕をしてもらえない家には、いつでも泥棒が侵入してくる危険性がございます。

泥棒=ウイルスなど悪意のプログラムは、修繕されなくなったあなたの家=Windows Vista/7/8/8.1から情報を盗み出したり、遠隔操作などを行ったりするので非常に危険です。

あなたの大切な個人情報を守るため、またあなたのパソコンが犯罪に利用されないためにも、ドクター・ホームネットは、新しいパソコンへのデータ移行もしくはWindowsのアップグレードをおすすめしております。

アップグレードする前に準備すること

Windows 10/11をインストールする際は、まずはパソコンのスペックを確認する必要がございます。またWindows 10/11はWindows 7や8との高い互換性を実現しているので多くのソフトや周辺機器は動作いたしますが、中には正常に動作しないものもございます。パソコンで使っている必須のものがあれば、あらかじめ確認しておきましょう。

Windows 11

スペックの確認

スペックの確認Windows 10/11にアップグレードするには、インターネットからダウンロードするか、パッケージ版の購入が必要です。また、Windows 10/11をインストールするには、定められたシステム要件を満たさなければなりません。
(※Windows 10/11は別途ご用意いただくか、サポートスタッフよりご購入ください)

ソフトウェアや周辺機器の互換性の確認

ソフトウェアや周辺機器の互換性の確認これまでインストールして使用しているソフトや周辺機器の互換性情報は必ずチェックする必要がございます。Windows 10/11で互換性が無いと判断されたソフトはアップグレードの際に削除しなければならず、どうしても必要なソフトがある場合は、Windows 10/11へのアップグレードをしないという選択肢も考えなければなりません。またWindows 10/11用のドライバーが提供されていない周辺機器は、機能の一部またはすべてが使用できないといった問題が起こる場合がございます。

データのバックアップ

データのバックアップアップグレードではシステムの重要な部分を書き換えてしまうため、処理中にエラーが発生すると、パソコンが起動しなくなることがございます。写真、動画、音楽、書類、メール、連絡先、インターネットのお気に入り等、消えてしまっては困るファイルはアップグレード作業前に外部メディア等にバックアップしておく必要がございます。

リカバリーメディアの作成

リカバリーメディアの作成アップデート中のエラーやいろいろな要因で、Windowsが立ち上がらなくなり、リカバリー(初期化)が必要な場合がございます。これまでのパソコンではリカバリーCDやDVD等が付属されていましたが、比較的最近発売されたパソコンにはリカバリーメディが付属されていないものが多くなってきました。その場合、HDDの中にデータとして保存されているので、自分でリカバリーメディアを作成しなければなりません。リカバリーメディアが無いといざという時に困るので、アップグレード前に予めリカバリーメディアを作成しておくことを推奨しています。

Internet Explorerのアップデート

Internet Explorerのサポート期間が2022年6月15日に終了!
Microsoft Edgeへのアップデートが必要です!

セキュリティー面の欠陥Windows 10のInternet Explorer 11のサポートを一部の法人向けWindows 10を除き、2022年6月15日に終了しました。

サポート期間の終了以降もInternet Explorerの使用を継続するとソフトウェアがアップデートされないため、セキュリティー面で欠陥を抱えたままになり、個人情報の漏えいや遠隔操作による乗っ取りなどの被害を受けてしまう可能性が高くなります。

Internet Explorerを使用されている場合、早急にMicrosoft Edgeへのアップデートが必要な状況になっています。

Edge「IEモード」の環境設定

Internet Explorerは固有の技術が使われているため、Internet Explorerでなければ正常に動作しないWebページがあります。そのようなページを閲覧する必要がある場合には、EdgeのIEモードを使用することができます。IEモードの有効化をはじめ、特定のURLを常にIEモードで開く設定やEdgeの環境設定、お気に入り(ブックマーク)の移行なども含めて、Edgeの「IEモード」の環境設定サポートも承っております。

Internet Explorer 11は
2022年6月15日でサポートが終了しました。

Internet Explorer 11を使い続けるとどうなるの?

ウイルス感染

深刻な脆弱性が発見された場合であっても、対策パッチ(修正プログラム)が提供されなくなります。ウイルスやスパイウェアに感染しやすくなり、最悪の場合、悪意のある第三者からの攻撃によってデータが消えたり、情報が流出する可能性がございます。また、ハッキングされた場合、犯罪の踏み台にされる可能性も指摘されています。

Internet Explorer は動作を停止しました

最新のWeb技術に対応できないため、正しく表示されなかったり速度が著しく遅くなります。閲覧できないホームページが出てきたり、Webアプリの互換性が低いために利用できないホームページが増えてしまうので、結果的にインターネットを快適に楽しむことができなくなります。

Internet Explorerのサポート終了日

サポート終了日 OS ブラウザー
2016年1月12日 Windows 7 Internet Explorer 8/9/10
2016年1月12日 WIndows 8 Internet Explorer 10
2020年1月14日 Windows 7 Internet Explorer 11
2022年6月15日 Windows 10 Internet Explorer 11
2023年1月10日 Windows 8.1 Internet Explorer 11
2025年10月14日 Windows 10 IEモード
2025年10月14日 Windows 10 MSHTMLエンジン
2025年10月14日 Windows 10 Enterprise 2015(LTSB版) Internet Explorer 11
2026年10月13日 Windows 10 Enterprise 2016(LTSB版) Internet Explorer 11
2029年1月9日 Windows 10 Enterprise 2019(LTSC版) Internet Explorer 11

お使いのパソコンの危険度をチェック!

下記チェックボックスをクリックすると危険度を診断できます。

危険度
0%

危険度が100%を超えた場合、今すぐお電話ください!!

Windows Vista/7/8/8.1からのアップグレード

Windows Vista/7/8/8.1/のパソコンをご利用の方に
買い換えもしくはOSのアップグレードを推奨しています

新しいパソコンを購入してデータを移行

Windows 10/11へのデータ移行

具体的な料金について

WindowsのOSをアップグレード

Windows 10/11へのアップグレード

具体的な料金について

同時にスペックアップも
オススメ

Windows 7/8/8.1搭載のパソコンは発売から年数が経過しているため、OSをアップグレードする際にはSSD換装やメモリーの増設がオススメ。パーツをアップグレードすると動作が快適になるので、パソコンを永く使い続けることができます。

SSD換装

SSD従来のHDDと比較してデータの読み書きスピードが圧倒的に早いため、動作の全般的なスピード向上に繋がります。特に起動に時間のかかるパソコンにオススメ。SSDは早くて省電力、さらに音も静かになります。HDDに保存してあるデータの移行もお任せください。

メモリー増設

メモリー容量が多いメモリーを使用することで、同時に複数の作業をすることができるようになったり大容量のソフトを動かすことができるようになります。メモリー容量が不足すると処理に順番待ちが発生してしまうため、パソコン全体の動作が遅くなる要因のひとつになります。

サポート料金について

新しいパソコンを購入してデータを移行

Windows 10/11へのデータ移行
基本料金(出張サポート) 5,500円
環境・トラブル診断料金 3,300円
作業料金(データバックアップ・移行【50GB】) 11,000円

合計 19,800円

基本データ移行作業に関して

下記のデータを1ユーザー・50GBまでバックアップもしくは移行
・マイドキュメント(Windows)、書類(Mac)、ドキュメント(Ubuntu)
・ユーザー辞書(WindowsはMS-IME、Macはことえり)
・お気に入りまたはブックマーク(Internet Explorer、Firefox、Safari)
・メール(Windows Liveメール、Outlook、Thunderbird、Apple Mail)
・アドレス帳(Windowsアドレス帳、アドレスブック、Thunderbird)
・デスクトップ上のフォルダ
※外部メディアへの保存作業を含む
※外部ストレージ代は別途見積

使用していたデータをそのままの設定で使えるように移行作業いたします。
データ量が50GBを超えている場合は追加容量オプションなどもございます。詳しくは訪問スタッフへご質問ください。

OSをアップグレード

Windows 10へのアップグレード
基本料金(出張サポート) 5,500円
環境・トラブル診断料金 3,300円
作業料金(OSクリーンインストール) 11,000円

合計 19,800円

OSのアップグレードに関して

メール設定、セキュリティーソフト設定などの各種設定につきましては、別料金となっております。
詳しくは訪問スタッフへご質問ください。

Windows Vista/7/8/8.1/のパソコンを使用されている場合

  • お客さまのパソコンや環境など実際に診断し、必要な作業を具体的にご説明いたします。作業内容やデータ量に合わせて料金が異なってまいります
  • 訪問でパソコンの状態や環境を診断する料金として、基本料金と環境・トラブル診断料金は必ずかかります
  • 診断の結果、ご希望の作業が必要ではない場合、基本料金と環境・トラブル診断料金のみでキャンセルしていただくことも可能です。大切なデータの取り出し作業のみなどの場合もご相談ください
  • お持ち込みの場合は事前にご連絡ください。専門スタッフのスケジュールを確認いたします

各種割引のご案内

下記に該当される方は指定書類のご提示で、作業料金から10%割引いたします。
クーポン券の印刷は不要です。ご予約の際は「ホームページを見た!」とスタッフにお伝えください。

シニア割引クーポン 作業料金が10%割引
学生割引クーポン 作業料金が10%割引
身体障がい者割引クーポン 作業料金が10%割引

必要な確認書類

シニア割引 運転免許証、パスポート、健康保険証、年金手帳、住基カード
学生割引 学生証、生徒手帳、在学証明書
障がい者割引 各自治体で発行される障がい者手帳

※作業前にご申告があった場合に限ります。作業後の割引はできません。
※他の割引との併用はできません。
※部品代は割引対象外となります。
※証明できる確認書類が必要です。

新型コロナウイルス感染症対策の徹底

ドクター・ホームネットでは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として、訪問・持込対応時の対策を実施しております。

常時マスク着用
常時マスク着用
定期的な消毒
定期的な消毒
健康状態の確認
健康状態の確認
密を避けて移動
密を避けて移動

※受付時及び訪問時にお客さま・ご家族さまの体調確認をさせていただく場合がございます。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

修理の流れ

まずはお電話ください

まずはお電話ください

年中無休、土日祝日もつながります!

サポートのご提案をいたします

サポートのご提案をいたします

スーツ着用の正社員が訪問するので安心です!

事前見積もりで安心会計

事前見積もりで安心会計

追加費用が必要だと判明した場合も、必ず事前にご説明いたします。

料金は作業完了後にお支払いください。現金またはクレジットカード決済、QRコード決済がご利用いただけます。

※クレジットカード決済とQRコード決済は、離島など一部地域ではご利用いただけません。

よくあるご質問

サポート期限が過ぎたOSを使い続けるとどうなりますか?

情報漏えいやウイルス感染の可能性が高くなります。ウイルスは日々進化しており、同時にセキュリティー対策も進化しているので、更新されないOSは進化したウイルスに対抗する術が無くなります。サポート期限切れのOSでお困りならドクター・ホームネットにご相談ください。

OSはWindows 8ですがWindows 11対応の周辺機器を使用をすることは可能でしょうか?

パソコンの周辺機器を使用される場合、説明書や公式HPに記載されてる対応OS以外は基本的に利用不可となっています。使用OSに未対応の機器を接続して使用すると様々な問題が起こる可能性があるので、ご利用はお控えいただければと思います。周辺機器のご利用でお困りの際はドクター・ホームネットにお電話いただければと思います。

OSのアップグレードを検討していますが、スペックが低いので正常に動作するのか不安です。アップグレードしても大丈夫でしょうか?

古いパソコンのCPUの場合、Windows 10や11に対応していないので、アップグレード後のOSに対応しているCPUかを調べる必要がございます。CPUはWindows 10や11に対応してますが、スペックが心配という方にはメモリー増設やSSD換装をオススメいたします。メモリー増設は同時に立ち上げるソフトの数が増やせます。SSDはHDDと比較して読み書きのスピードが速くなり、起動時間やソフトウェアの立ち上げ速度が改善されます。CPUが古くてWindows 10や11に対応しているのかわからない、スペックが低いのでアップグレード後の動作が不安という方はドクター・ホームネットにご連絡ください。

10年以上前に購入したVistaのパソコンを使用しています。新しいパソコンの購入を検討していますが、データ移行もセットでお願いできますか?

パソコンの購入とデータ移行をセットで受け付けております。メール、ブックマーク、アドレス帳、各種データなど前のパソコンで使用していたデータをそのまま新しいパソコンで使えるように設定いたします。パソコンの購入とデータ移行をお考えの際はお気軽にドクター・ホームネットにご相談ください。

ドクター・ホームネットの店舗一覧

ドクター・ホームネットのサービス一覧

ハードディスクやデータに関連する修理/サポートサービス

ウイルスやマルウェアに関連する修理/サポートサービス

パソコンの部品に関連する修理/サポートサービス

インターネットやWi-Fi、LANに関連する修理/サポートサービス

Macに関連する修理/サポートサービス

その他のサポートサービス

アフターPCケア 月額1,078円で電話・リモートサポートが365日使い放題!

Windows Vista/7/8/8.1の情報、パソコン修理のことなら【ドクター・ホームネット】パソコンのトラブル事例や修理事例をはじめとして、PCトラブルの最新情報などパソコンに関する情報が満載なパソコン修理情報サイトです。

「パソコンが起動しない!」「ウイルスに感染してしまった!」「インターネットやメールができない!」など様々なトラブルを初期化せずに原状回復、PC修理を行います。パソコン初心者の方でも安心してご利用いただけるように、難しい専門用語は使用せず、また訪問修理でも信頼できる質の高い接客ができるように正社員がしっかりとサポートいたします。

パソコンの故障かパソコンが調子悪いなど気になる事がありましたら、お電話かお問い合わせフォームからご連絡ください。Windows Vista/7/8/8.1などのPC修理に関する情報なら【ドクター・ホームネット】

パソコン修理をすぐ相談!
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-49-85-00 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!