感染症の拡大に伴うお客さまへのお願い

ドクター・ホームネットでは新型コロナウィルス感染症(COVID-19)対策として、訪問・持込対応時の対策を実施しております。
その一環として、受付時及び訪問時にお客さま・ご家族さまの体調確認をさせていただく場合がございます。
何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
尚、当社のスタッフについても毎朝の検温・体調確認のうえでサポート対応を行っております。

ウイルス・マルウェアの駆除 セキュリティー対策もサポートできます ウイルス・マルウェアの駆除 セキュリティー対策もサポートできます

ウイルス駆除サポート

ウイルス・マルウェアの駆除や、ウイルス対策ソフトのインストール、OSなどのアップデート、データの復旧など、ウイルス・マルウェアに関するトラブルの解決をサポートいたします。

パソコンが不調になったり、データが消えてしまうことが主なウイルス感染の被害だと思われていますが、情報の流出によって社会的信用を失ったり、会社の重要なデータが流出してしまう事件が社会問題になるなど、ウイルスによる被害は年々深刻になっています。

ネットワークにつながった他のパソコンにも感染が広がってしまうので早急な対応が必要です。

マルウェア感染による重大なトラブル

身代金要求型ウイルス

身代金要求型ウイルスファイルを暗号化して開けない状態にしてしまい、元の状態に戻すことと引き換えに金銭を要求してくるウイルスです。人質に取られているような状態であることから身代金要求型(ランサムウェア)と呼ばれます。

アカウント情報流出

アカウント情報流出SNSやメールのアカウント情報が盗まれると第三者によって不正にログインされてしまいます。嘘の情報や悪意を持った投稿の発信に使われたり、ECサイトから高額な請求が来ることもございます。

乗っ取り(踏み台)

乗っ取り(踏み台)マルウェアによってパソコンや通信機器が乗っ取られると、DDoSによるサーバー攻撃や迷惑メールの送信に利用され、知らないうちに犯罪行為に加担することになります。

遠隔操作ウイルス

遠隔操作ウイルスウイルス感染をきっかけに脆弱性からバックドアが設置されると、遠隔で自由に操作することができます。犯罪予告の書き込みや第三者へのハッキングに使用され、誤認逮捕された例もございます。

ウイルス駆除やセキュリティー対策のサポート

ウイルス駆除

ウイルス駆除ウイルススキャンし、ウイルスを特定して完全に駆除いたします。またウイルス対策ソフトでは検知できない不正ソフトやマルウェアによるトラブルも手動で対処することができます。

初期化

初期化ウイルス駆除ができない場合や万全を期すためにパソコンを初期化することがございます。事前にウイルス感染していないユーザーデータはバックアップするので安心です。

キャッシュ削除

キャッシュ削除ウイルスの感染源となったアプリケーションやファイルのあるダウンロードフォルダやゴミ箱、一時ファイルもチェックして削除することで再感染を防ぎます。

セキュリティー対策

セキュリティー対策今後のウイルス感染やインターネット上のリスクを低減させるためのセキュリティーソフトの導入や、OSやアプリケーションの脆弱性アップデートなどを実施いたします。

ファイルを暗号化してしまう

ランサムウェアに対応したデータ救出

ワンクリック詐欺やウィンドウが表示される

不正請求・架空請求画面の削除

要チェック!ウイルス・スパイウェアに感染した時の症状

  • パソコンが起動しなくなった
  • 動作が不安定ですぐに再起動する
  • データ消えたり破損したりしている
  • ブラウザーのトップページが急に変わっていた
  • 見覚えのないファイルが増えている
  • 特定のホームページだけアクセスできない
  • 架空請求画面が表示される
  • マウス操作をしていないのにクリック音がする
  • アクセスランプが頻繁に点滅する
  • 送信履歴に見覚えのないメールがある
  • ファイルの拡張子が変わっている
  • 複数のポップアップウィンドウが開く
  • 壁紙が勝手に変わっている
  • 不明なアプリケーションがインストールされている

パソコンがウイルスやスパイウェアに感染した場合、さまざまな症状が現れます。被害を最小限にとどめるには、この症状に少しでも早く気づき、適切に対処することが欠かせません。まずは、ウイルスなどに感染した場合に現れやすい「インターネット関連」「動作関連」「データ関連」の症状について知っておきましょう。

インターネット関連の症状には、インターネット接続中に勝手に新しいサイトが開いてしまったり、いつの間にか「お気に入り」リストに知らないサイトが加わっていたりすることなどが挙げられます。特に何もしていないのに、サイトの読み込みが遅くなる場合もウイルス感染を疑いましょう。動作関連の症状としては、パソコンを使用中に突然再起動を繰り返したり、画面がフリーズしたりすることがございます。アプリケーションが何度も強制的に終了する、デスクトップに見慣れない広告が表示されるなどの場合も、ウイルス感染しているかもしれません。データ関連の症状には、ファイルが消える・開けなくなる、保管場所とは違うところに勝手に移動する、ファイル名が変わるなどの現象が見られます。これらの症状はあくまでも一例ですが、思い当たるものがあればできるだけ早く対処するようにしましょう。

ウイルス感染を確認する方法

確認パソコンにウイルス感染の症状が見られた場合、まずは本当に感染しているのかどうか確認しなければなりません。感染していなかった場合、症状の原因を別途調べて適切に対処する必要があるためです。感染しているかどうか確認する方法は主に3つあるので、それぞれ内容を見ていきましょう。

ウイルススキャンを行う

パソコンにウイルス対策ソフトをインストールしていれば、まずはソフトを使ってウイルススキャンを行うのが基本です。ウイルススキャンとは、その名の通りパソコン内に怪しいウイルスが存在するかどうか検査することを指します。インターネット上で無料のウイルススキャンツールを提供していることもございますが、強力かつ安全なツールで行ったほうが確実なので、やはりウイルス対策ソフトのウイルススキャンがおすすめです。ウイルス対策ソフトなら、ウイルスが見つかった場合、ソフトの指示にしたがって操作すればそのままウイルスを駆除することも可能です。

アップデートを行う

ウイルス対策ソフトがない時は、パソコンをアップデートできるかどうか試すことでウイルス感染を確認できるケースもございます。そもそもウイルスは、システムやプログラムの脆弱性を突いてパソコンに侵入し、悪さをすることが多いです。ウイルス感染を防いだり駆除したりするためには、脆弱性に対応した最新のシステムにアップデートすることが欠かせません。ところが、パソコン内に潜むウイルスの中には、自分が駆除されないようにアップデートを邪魔するものがございます。アップデートを何度試しても失敗する場合、すでにウイルス感染している可能性が高いと考えられるのです。

アクセスランプをチェックする

ウイルス感染していると、自分が何も操作していない時でもハードディスクのアクセスランプが点滅することがございます。アクセスランプとは、電源ボタンの近くで光る小さなLEDのことで、ほとんどのパソコンに設置されているものです。ハードディスクなどにデータを書き込んでいる時、この光がチカチカと点滅いたします。アクセスランプは、自分で何かハードディスクに関わる操作をした時や、起動直後などに点滅するのが一般的です。アプリケーションなどを利用しておらず、何も操作していないにもかかわらず点滅している場合、ウイルスが勝手にパソコンを動かして悪さをしている可能性があるので注意しましょう。

二度とウイルス感染しないための対策が重要

ウイルスに感染すると、データの流出やパソコンの不具合など、さまざまなリスクがともないます。感染の確認や駆除などに手間や時間、費用もかかるため、二度と感染しないように対策しておくことが重要です。最新のウイルス対策ソフトを利用するのはもちろん、OSなどシステムはこまめにアップデートして脆弱性のリスクに対応しておきましょう。また、ウイルスはメールに添付されて届くことも多いため、送信元がわからないメールは開かないのもポイントです。

感染してしまった!どうしたらいいの?

まずは、二次被害を防ぐため必ずインターネットから切断してください。つないだままにしていると、他のパソコンへウイルスをバラまいたり、情報が漏洩したり、新たなウイルスを呼び込む恐れがございます。

もし、契約が有効なウイルス対策ソフトをインストールしている場合は、ウイルス定義の更新を行なってから、コンピューター全体のスキャンを行なってみてください。スキャンを行なっても改善されない場合は、手作業での駆除が必要です。

ウイルス対策ソフトをインストールしていなかった場合は、後からインストールするとかえって状態が悪化することがございます。

ウイルスからパソコンを守るには?

パソコンを常に最新の状態に!がウイルス対策の大原則

ウイルス対策の3つのチェックポイント

ポイント1 最新版のウイルス対策ソフトを導入する

ウイルス対策ソフトがインストールされていない場合や、期限が切れている場合は、すぐに導入・更新をしてください。

ポイント2 OSのアップデートを行う

WindowsなどのOSのアップデートは、定期的にチェックしましょう。

ポイント3 ブラウザーのアップデートを行う

インターネットを利用する際に使う、Internet Explorerなどのブラウザーも常に最新のバージョンにしておきましょう。

ウイルスに感染する原因や経路

Webサイト Webサイト

Webサイト経由での感染手口はますます巧妙化しています。サイトが改ざんされ、ウイルスが埋め込まれていたり、悪意のあるプログラムを仕込んだサイトに誘導する不正広告のリンク経由で感染することもございます。

メール メール

ウイルスを混入させた添付ファイルを開くことで感染いたします。送信元がわからないメールは開かないのはもちろん、添付ファイルを開く際にはウイルスチェック実施しましょう。

USBメモリー USBメモリー

USBメモリーのプログラムの自動機能を悪用したものでは、USBメモリーを接続するだけで感染いたします。出どころのわからないUSBメモリーは接続してはいけません。

アプリケーション アプリケーション

正当なソフトを装ったものや、改ざんされてウイルスが含まれているプログラム、あるいはアドウェアなどのアプリケーションがございます。この手のソフトはアンインストールすることも困難です。

それでもウイルスに感染してしまったら

被害を拡大しないためにすぐ行いたい3つのポイント

ポイント1 ネットワークから切断する

ウイルス感染の拡大・情報漏えいなどを防ぐためにも、すぐにネットワークから切断してください。

無線LANでネットワークにつながっている場合は、ワイヤレススイッチをオフにするなどの操作を行ってください。

ポイント2 ウイルスを特定し、駆除する

ウイルス対策ソフトが予めインストールされている場合は、ウイルス定義の更新を行ってから、全体のスキャンを行ってみてください。

それでも改善しなかった場合は、手作業での駆除が必要です。

ポイント3 パソコンを修復する

ウイルスにより変更されたシステムの修復を行います。

今後ウイルスに感染しないための対策(ウイルス対策の3つのチェックポイント)を行い、ネットワークの接続を行ってください。

ウイルス感染した時の対処法まとめ

対処法確認の結果、ウイルスに感染している可能性が高いとわかったら、すぐに駆除することが大切です。実害がないからといって放置していてもウイルスが自然に消えることはほぼなく、気づかないうちに大きな被害を招くおそれもあるため油断できません。次は、ウイルス感染した場合の対処法について見ていきましょう。

最新版のウイルス対策ソフトをインストールする

ウイルスへの対処には、ウイルス対策ソフトの利用が一番です。一度インストールしていたとしても、古いソフトでは新しいウイルスに対応できないこともあるため、最新版のウイルス対策ソフトを利用したり、アップデートしたりしましょう。ソフトによっては自動的に最新版へアップデートするものもございますが、念のため自分でも定期的にバージョンを確認したほうが安心です。

ネットワークから切り離す

ウイルスは、感染した後にインターネットを通して広がっていくことが多いです。もし、同じ回線でデバイスを複数台利用している場合、ウイルス感染後にもインターネットにつないだままだと、回線を通じてほかのデバイスにまでウイルスが広がる危険がございます。被害の拡大を防ぐためにも、感染が疑われたらすぐにLANケーブルを抜いたり、Wi-Fiのワイヤレススイッチを切ったりして、パソコンをネットワークから切り離しましょう。これにより、ウイルスがほかのデバイスに広がるのはもちろん、ウイルスによるデータ流出や、ほかのウイルスへの感染なども防げます。

ウイルスを特定して駆除する

ひと口にウイルスといっても、その種類は千差万別であり、種類ごとに最適な駆除方法なども変わります。このため、適切に対処するにはどのようなウイルスなのかを特定する作業が欠かせません。ウイルス対策ソフトがあれば、ウイルススキャンすることで感染の有無やウイルスの種類を正確に把握できる可能性が高いです。また、ウイルスに合わせた駆除方法も指示してくれるため、パソコンやウイルスに対する知識があまりなくても対処しやすいでしょう。ウイルス対策ソフトの指示にしたがってウイルスを駆除したら、再度ウイルススキャンを行い、本当にウイルスがいなくなったかどうか確認することも忘れてはいけません。

ウイルスに感染してしまう前にセキュリティー対策をしましょう

ウイルス感染を未然に防止するためには日頃からセキュリティー対策を万全にしておかなければなりません。十分なセキュリティー対策をしていなかったり不安な場合は、セキュリティー対策サポートをご依頼ください。

セキュリティー対策
HEMSホームネットワークセキュリティー診断

ウイルス駆除の料金例

作業内容 料金(税込)
ウイルス駆除

16,500円

悪意のあるウイルス等が原因で、正常に動かなくなったパソコンの動作を回復

┗データ・設定保護オプション

9,350円

上記作業をデータ・設定を守りながら作業

ポップアップ請求画面削除

19,250円

データ・設定を保護しながら、架空請求画面等の悪意のあるプログラムを削除・駆除

ウイルス対策ソフトインストール

4,400円

・最新版のウイルス対策ソフトのインストール
・ユーザー登録等の設定
※ソフト代は別途見積

出張サポートで「ウイルス駆除」を行った場合の合計金額

基本料金 環境・トラブル診断料金 作業料金 合計金額(税込)
5,500円 3,300円 16,500円 25,300円

詳しい作業料金はこちら

※記載の料金は一例です。作業内容や部品破損の有無などによって料金は前後する場合がございます。
事前にお見積もりの上、お客さまのご了承をいただいてから作業いたします。
※記載の料金は全て税込表記です。

65歳以上の方、学生の方、障がい(第1種・第2種)をお持ちの方は、作業料金が10%割引になります! 65歳以上の方、学生の方、障がい(第1種・第2種)をお持ちの方は、作業料金が10%割引になります!

修理の流れ

1

まずはお電話ください

年中無休、土日祝日もつながります!

2

サポートのご提案をいたします

スーツ着用の正社員が訪問するので安心です!

3

事前見積もりで安心会計

追加費用が必要だと判明した場合も、必ず事前にご説明いたします。

料金は作業完了後に現金またはクレジットカード(※)にてお支払いください。※離島など一部地域を除く

よくあるご質問

どのようなウイルスの駆除に対応してくれますか?

スパイウェア、トロイの木馬、ワーム、ランサムウェアなど様々の種類のウイルス駆除に対応しております。ウイルス感染の被害として、データの消去やパソコンの不調などございますが、気になる症状を発見した際はお気軽にご相談ください。

ウイルス対策ソフトをインストールしてません。やはり必要でしょうか?

ウイルス対策ソフトは自動でウイルスを駆除してくれるのはもちろんのこと、自動的にスパムメールを分けてくれる、 外付けのHDDやUSBメモリのウイルス感染もチェックしてくれるなど様々なメリットがございますので、インストールすることをオススメしております。

ウイルスに感染したのですが、ウイルス駆除完了後もパソコンは使用できますか?

依頼を承ってからウイルス駆除の対応を行い、ウイルス駆除後はパソコンの正常な動作も確認いたしますので、引き続き安心してパソコンをご利用いただけます。ウイルス感染の可能性を少しでも疑われた際はお気軽にご相談ください。

ウイルス感染を防ぐにはどんな対策がありますか?

事前のセキュリティー対策が重要です。ウイルス対策ソフトの導入はもちろんのこと、ソフトウェアも常時最新に更新することで新しいウイルスが出てきても、感染を防いでくれます。ウイルス対策でお困りの際はお気軽にご相談ください。

ウイルス・スパイウェアの駆除サポート事例

ドクター・ホームネットがパソコン修理・サポートを行った、実際の作業内容をご覧いただけます。

    パソコン修理の実績を詳しくみる

    ドクター・ホームネットの店舗一覧

    ハードディスクやデータに関連する修理/サポートサービス

    ウイルスやスパイウェアに関連する修理/サポートサービス

    パソコンの部品に関連する修理/サポートサービス

    インターネットやWi-Fi、LANに関連する修理/サポートサービス

    Macに関連する修理/サポートサービス

    その他のサポートサービス

    ウイルス・スパイウェアの駆除の情報、パソコン修理のことなら【ドクター・ホームネット】パソコンのトラブル事例や修理事例をはじめとして、PCトラブルの最新情報などパソコンに関する情報が満載なパソコン修理情報サイトです。

    「パソコンが起動しない!」「ウイルスに感染してしまった!」「インターネットやメールができない!」など様々なトラブルを初期化せずに原状回復、PC修理を行います。パソコン初心者の方でも安心してご利用いただけるように、難しい専門用語は使用せず、また訪問修理でも信頼できる質の高い接客ができるように正社員がしっかりとサポートいたします。

    パソコンの故障かパソコンが調子悪いなど気になる事がありましたら、お電話かお問い合わせフォームからご連絡ください。ウイルス・スパイウェアの駆除などのPC修理に関する情報なら【ドクター・ホームネット】

    パソコン修理をすぐ相談!
    通話料無料!携帯電話からもOK 0120-49-85-00 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!
    もしもの時の印刷用資料
    24時間受付 Webで申し込む

    ただいまの時間帯はフォームでの受付を承っております。サポートをご依頼される場合は9:00~21:00の間にお電話いただくか、ご予約フォームをご利用ください。

    ご予約フォーム
    お名前
    フリガナ
    電話番号
    連絡時間帯

    個人情報取扱い同意書の内容にご同意いただけましたら「同意して送信する」を押してください。