Please let us know if you have troubles with computers etc. Displayed in English

ソフトがインストールできない!

インストールの作業に失敗!どうして?

ソフトをインストールしようとするとエラーが表示されてインストールできない時、パソコンの設定を変更することでインストールできるようになる場合もあります。エラーの内容によってはパソコンが不具合を起こしている可能性もありますが、こういった場合にも修復が可能です。
反対に、アンインストール後にシステムが不安定になってしまった場合もお任せください。

ソフトのインストールができない場合はお気軽にお電話ください

どのようなトラブルや問題でお困りですか?

インストールトラブル解決いたします
  • インストール中にエラーが出て先に進めない。
  • アンインストール後にパソコンの動作が不安定になった。
  • インストールしたが、正常に起動しない。
  • ハードディスクの容量が足りない。

ソフトがインストールできない原因や症状は様々です

インストールエラー ディスク読み取りエラー 起動しない HDD容量
パソコンの環境によっては、エラーが発生してインストールが進められない事があります。 CD/DVDドライブの故障によりディスクが読み込めない。またドライブ非搭載パソコンもあります。 インストールしても起動できない場合があります。 アプリケーションのインストールに必要なストレージ容量が不足しています。
競合しているアプリケーションのアンインストールやインストール先フォルダの問題を取り除きます。 ドライブの取り換えや、外付けDVD/CDドライブをご用意できます。 アプリケーションの起動に必要なファイルを追加で導入します。 HDDを大容量のものに取り換える、または不要なデータを削除して空きを作ります。
知ってると便利!パソコンTips

インストールを制限するセキュリティ対策ソフト

セキュリティ対策ソフトは、常にパソコンの動作を監視しています。インストールについても監視対象であるため、セキュリティ上の脅威になる可能性のあるソフトウェアをインストールしようとすると動作を制限してくれます。アプリケーションとセキュリティ対策ソフトの相性によっては極稀に、安全なアプリケーションであっても脅威とみなしてしまうことがあります。そのような場合は、セキュリティ対策ソフトの設定で、インストールの監視を一時停止したり、該当のソフトのフォルダをスキャンしないようにする必要があります。Microsoftが提供する無償のウイルス対策ソフトであるWindows Defenderでもアプリケーション制限によってソフトがインストールできない場合や、ウイルス等の不正な動作を防止する目的で搭載されている「データ実行防止」によってインストールが中断される場合もあります。

Windows 10のSモードによるアプリケーション制限

Windows 10には、Sモードと呼ばれる機能があります。Windows 10の中から普段遣いでは必要の少ない機能を制限したモードで、いわば簡易バージョン。セキュリティとパフォーマンスに注力されていることが特徴で、iOSやAndroidのデバイスを扱うような使い方では最適のモードといえます。その大きな特徴のひとつがWindows ストアとの関連性で、Windows 10のSモードではアプリケーションはWindows ストアからしかアプリケーションをインストールすることができません。また、ブラウザについてもMicrosoft Edgeのみとなっています。Windows ストアには、Microsoftが安全性を検証したアプリケーションしか存在していないため、どんなアプリケーションでもインストールすることができてしまう通常のモードよりも安全であることが理由です。Windows 10 Sモードで好きなアプリケーションをインストールしたい場合は、モードを解除する必要がありますが、解除した場合は再度、Windows 10 Sモードに戻すことはできません。

PCゲームで発生するインストールエラーや起動エラー

ゲームのインストール時によく見られるエラーは、パソコンがアプリケーションの要求する動作環境を満たしていない場合によく発生します。そのような場合はインストールに失敗したりインストールが完了したように見えても正常に動作しないことがあります。他にもDirectXのランタイムが不足していたり、HDDの空き容量が不足していて上限に近づいていることもあります。また、最近ではゲームをインターネット経由で配信するプラットフォームも登場してきて、専用のダウンローダーやインストーラーが用意されていることもあります。そのようなゲーム配信システムで発生する場合はそのソフト自体のエラーも疑う必要があります。他にも古いゲームソフトの場合は、新しいWindowsでは動かないものが多くあります。これは最新のWindowsで削除された機能を使用していることが原因です。互換モードを使用することで動作させることができる場合があります。

自作PCでOSがインストールできない理由

パーツを購入して組み立てていく自作PCでは、WindowsのOSそのものがインストールできないというトラブルが起こることがあります。その多くがマザーボードとHDDに関連するトラブルです。まず、インストール先のHDDがBIOSによって検出されているかを確認する必要があります。中にはBIOSが古いためBIOSそのものをアップデートする必要がある場合もあります。次にマザーボードのファームウェアのバージョンにも注意しましょう。マザーボードに付属のUSBメモリなどからファームウェアやドライバを最新にしてからの作業が必要です。特に中古のHDDを使用している場合には、ディスクのフォーマット形式が、GPT形式なのか、MBR形式になっているのかを確認してください。マザーボードに保存されているプログラムには大きく分けてUEFIとBIOSの2種類がありますが、BIOSの場合はMBR形式のパーティション分割でなければOSをインストールすることができません。他には単純なケーブルの接続ミスである場合もあるので配線はよく確認するようにしましょう。メーカーにサポートしてもらえない自作PCのトラブルもご相談ください。

想定されるパソコン修理(例)

作業内容 料金(税込)
アプリケーションインストール(PC)

4,400円

アプリケーション(ソフトウェア)のインストールと起動確認
※動作を保証するものではありません。
※業務用ソフトは除く

OS/アプリケーションアップデート

2,200円

Windowsを始めとしたOSおよびアプリケーション(ソフトウェア)のアップデート作業

ユーザーアカウント追加設定

2,200円

パソコンにユーザーアカウントを作成し、必要に応じてパスワードを設定

出張サポートで「アプリケーションインストール(PC)」を行った場合の合計金額

基本料金 環境・トラブル診断料金 作業料金 合計金額(税込)
5,500円 3,300円 4,400円 13,200円

詳しい作業料金はこちら

インストール中にエラーが表示されて先に進めなくなった、アンインストール後にシステムが不安定になってしまった、セットアップやアップグレードの方法ができない、といった疑問や不安がございましたら、ドクター・ホームネットにおまかせください。すぐに訪問してトラブルを解決いたします。

※記載の料金は一例です。作業内容や部品破損の有無などによって料金は前後する場合がございます。
事前にお見積もりの上、お客様のご了承をいただいてから作業いたします。
※記載の料金は全て税込表記です。

65歳以上の方は、シニア割の適用で作業料金が10%割引になります! 65歳以上の方は、シニア割の適用で作業料金が10%割引になります!

0120-49-85-00

全国47都道府県にある200拠点から迅速に出張いたします。
(離島等一部対応していない地域がございます)

ソフトがインストールできないトラブルの情報、パソコン修理のことなら【ドクター・ホームネット】パソコンのトラブル事例や修理事例をはじめとして、PCトラブルの最新情報などパソコンに関する情報が満載なパソコン修理情報サイトです。「パソコンが起動しない!」「ウイルスに感染してしまった!」「インターネットやメールができない!」など様々なトラブルを初期化せずに原状回復、PC修理を行います。パソコン初心者の方でも安心してご利用いただけるように、難しい専門用語は使用せず、また、出張修理でも信頼できる質の高い接客ができるように正社員がしっかりとサポートをさせていただきます。パソコンの故障かパソコンが調子悪いなど気になる事がありましたら、お電話かお問い合わせフォームからご連絡ください。ソフトがインストールできないトラブルなどのPC修理に関する情報なら【ドクター・ホームネット】

通話料無料!携帯電話からもOK 0120-49-85-00 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ

ただいまの時間帯はフォームでの受付を承っております。サポートをご依頼される場合は9:00~21:00の間にお電話いただくか、ご予約フォームをご利用ください。

ご予約フォーム
お名前
フリガナ
電話番号
連絡時間帯

個人情報取扱い同意書の内容にご同意いただけましたら「同意して送信する」を押してください。