感染症の拡大に伴うお客さまへのお願い

ドクター・ホームネットでは新型コロナウィルス感染症(COVID-19)対策として、訪問・持込対応時の対策を実施しております。
その一環として、受付時及び訪問時にお客さま・ご家族さまの体調確認をさせていただく場合がございます。
何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
尚、当社のスタッフについても毎朝の検温・体調確認のうえでサポート対応を行っております。

安心のデータ保護 起動に時間がかかる・フリーズが頻発する パソコンの動きが遅い!動作改善サポート 安心のデータ保護 起動に時間がかかる・フリーズが頻発する パソコンの動きが遅い!動作改善サポート

パソコンの動作改善サポート

パソコンの動作改善電源を入れてからデスクトップ画面が表示されて使えるようになるまで時間がかかったり、起動時にロゴ画面から先に進まずにフリーズしてしまう。マウスカーソルが引っかかる感じがしたり、文字を入力してもワンテンポ遅れる。アプリケーションを開こうとしてもなかなか開かない。動画を再生するとフリーズしそうになる。このようなイライラも解消することができます。パソコンを使用していると自然と溜まってくる不要なファイルを削除やパーツ交換など、動作を改善させる最適な方法をご提案いたします。

パソコンの動作を改善させる主なサポート

メモリー増設 メモリー増設

同時に複数処理しても遅くならないようにメモリーを増設。

HDD換装 HDD換装

経年劣化HDDの換装や高速モデルへのスペックアップ。

キャッシュのクリア キャッシュのクリア

ディスクのクリーンアップやデフラグ、不要なファイルの削除。

設定変更 設定変更

常駐アプリケーションの無効化や視覚効果など環境設定の変更。

同時にできる処理を増やしてフリーズも減る

メモリー増設

速度向上の効果が実感しやすい

SSD換装

動作が遅いパソコンで発生する主な症状

  • パソコンの起動に時間がかかる
  • 同時に複数のソフトを起動することができない
  • 文字を入力する際の反応が悪い
  • アプリケーションを起動する際にフリーズする
  • 容量の大きいファイルを開くことができない
  • 重たい処理に時間がかかりすぎる
  • パソコンを操作するたびにワンテンポ遅れる
  • 動画を開いたり再生するのに時間がかかる

パソコンが遅くなる主な原因例

メモリー不足 HDDの故障 システムのクリーンアップ セキュリティーソフト
ゲームや複雑な計算では特に、メモリーが不足すると動作が遅くなりました。 HDDは経年劣化によって読み込み速度が遅くなることがございます。 不要なファイルが溜まっているとHDDからの読み込みに時間がかかってしまします。 セキュリティーソフトは一般的にパソコンのリソースを多く使用いたします。
内蔵されているメモリーを取り換えたり増設することで非常に早くなります。 HDDを新しいものに交換するか、またはSSDに交換することで高速化させます。 不要なファイルを削除することで、無駄な読み込みを失くして高速化いたします。 お使いの環境に合わせて設定を最適化することで、動作し続ける不要な機能を停止させます。

動作が重い時の対処法

対処法パソコンの動作が重かったり、突然フリーズしてしまうと、仕事に重大な影響が出てしまうでしょう。また、プライベートでエンターテインメントのコンテンツなどを十分に楽しむことができません。こうした時に自分で取れる対処法は、大きく分けると2つございます。ソフトウェアの変更・更新、またはハードウェアの交換・追加のいずれかです。具体的にいえば、パソコンの負担を軽減するようにソフトウェアを変更・更新するか、ウイルスなどパソコンに悪影響を起こしている原因を取り除くことです。また、性能が劣るハードウェアを交換するか、追加することでパソコン自体のスペック向上を図る方法もございます。

しかし、これだけではどこから手を付けていいのかわからない人も多いでしょう。しかも、ソフトウェアとハードウェアのいずれの場合も、対処法によっては動作に重大な影響を及ぼしてしまう可能性もあるため、細心の注意が必要なのです。考えられる要因ごとに1つずつ対処法を試してみることが最も安全で、効果的といえるでしょう。

そこで、パソコンが重い時によくある具体的な症例ごとに、取ってみるべき対処法を紹介いたします。見出しごとに症例を挙げているので、辞書を引くようにして目的の内容を読むことができるはずです。ただし、パソコンの扱いにあまり自信がない場合は無理をする必要はございません。ドクター・ホームネットでは365日休まずパソコンのサポートをしていますので、小さなことでもお気軽にご相談ください。

パソコンの起動に時間がかかる

パソコンの起動が重い場合、ソフトウェアとハードウェアそれぞれの原因が考えられます。まずは比較的簡単で費用がかかりにくいソフトウェアの対策から検討してみましょう。

高速スタートアップを有効にする

スタートアップWindows 8以降「高速スタートアップ」という機能が追加されました。これはシャットダウン状態からすばやく起動できる機能です。シャットダウンした状態からの起動が遅いと感じる場合は、高速スタートアップが有効になっているかチェックしましょう。「コントロールパネル」から「システムとセキュリティ」へ進み、「電源オプション」のなかから「シャットダウン設定」を表示いたします。そこの「高速スタートアップ」にチェックが入っているか(有効になっているか)を確認してください。もしチェックが外れていれば初期設定で無効になっていたか、何かの過程で無効になってしまったものと考えられます。

「スタートアップアプリ」を無効化する

アプリケーション「購入当初は起動が早かったのに、アプリケーションをインストールしていくうちに起動が遅くなった」と感じているなら、スタートアップアプリの登録をチェックしてみましょう。スタートアップアプリとは起動時に自動的に立ち上がるアプリケーションのことです。Windows 10なら「設定」から「アプリと起動」へ進み「スタートアップ」を選択いたします。すると、スタートアップアプリとして登録されているアプリケーションの一覧が確認できるはずです。

これらのうち、使っていないものや起動時に自動で立ち上げる必要のないものがあれば削除しましょう。その分、起動時の処理が減って動作が改善できる可能性がございます。特に、多彩なアプリケーションが最初からたくさんインストールされているパソコンの場合、スタートアップアプリが多い傾向がございます。よく使うアプリケーション以外は削除してしまいましょう。もちろん、後からまたスタートアップアプリとして登録することも可能です。

ただし、知らないソフトウェアだからといってむやみに削除するのは危険です。OSの機能と関係の深いアプリケーションを削除してしまえば、動作に影響が出ることも考えられます。パソコンに詳しくない人は、知っているソフトのなかで使っていないものや自動的に起動しなくてよいものだけを削除しましょう。

ハードウェアのスペックを改善する

CPUパソコン起動時は最も処理の負荷がかかる状況のひとつです。そのため、ハードウェアの性能が低いと起動が遅くなってしまいます。購入したころは起動がそれほど遅くなくても、ソフトウェアのアップデートなどが原因で処理が重くなることはよくございます。機能が増えたり便利になったりする代わりに、処理の負荷が大きくなっているからです。2020年1月現在では、一般的なパソコンでは最低でも4GB以上のメモリーを備え、マルチコア(同時に複数の処理ができる)のCPUであることが望ましいといえます。

ハードウェアのスペックを確認するには次のように行います。Windows 10であればスタートボタンを右クリックして一覧のなかから「システム」を選びましょう。表示された画面の右側に「システム情報」というボタンがあるのでクリックすると、ハードウェア情報を参照できます。Windows 7ならスタートボタンを押し「マイコンピューター」を右クリックして「プロパティ」を選ぶと、ハードウェア情報が見られます。もし、先に紹介した性能を満たしていなければ、ハードウェアの更新・追加を検討してみるのが対応策のひとつです。

同時に複数のソフトを起動することができない

複数のソフトを起動するとパソコンの動作が遅くなることもございます。対策としては処理を減らすこと、パソコンのスペックを上げることです。

常駐アプリケーションを無効化する

アプリケーション2「スタートアップアプリ」の無効化でも触れましたが、自分では知らない間に自動的に立ち上がっているアプリケーションはいくつかございます。このうち、起動時以外にパソコンを重くするのは、パソコンを使っていなくてもバックグラウンド(ユーザーにわからないように背後で動くこと)で動いている常駐アプリケーションと呼ばれるものです。どのような常駐アプリケーションが登録されているかチェックしてみましょう。Windows 10では通常画面下部にあるメニューバーの何もないところを右クリックして、一覧のなかから「タスクマネージャー」を選んで開きます。すると、常駐アプリケーションとして動作しているものが確認できるはずです。

このうち、必要ないアプリケーションが動いていれば、通常の方法で閉じるかタスクマネージャーで無効化できます。その結果、複数のソフトを起動しても、それほど重くならなくなる可能性がございます。もし一時的でなくずっと使わないアプリケーションなら、起動しないようにするか、アンインストールしてしまうなどの対策が取れます。ただし、停止・削除してしまうと問題が発生するアプリケーションもあるので、注意が必要です。

メモリーを増設・交換する

メモリーパソコンにおいてメモリーは作業場のような役割をしています。作業場が十分広ければ余裕をもって作業ができますし、複数のソフトの処理を行っても十分なスペースが確保されている状態です。しかし、十分な容量のメモリーがなければ、メモリーという作業場を片付けながら使うような状況になってしまいます。つまり、ある処理を行う時には他の処理の途中経過をHDDやSSDに退避させながら処理を続行する必要が出てきます。こうしたことが、パソコンが遅い症状につながるのです。

常駐アプリケーションを必要なものだけに制限してもパソコンが遅い場合、メモリーの増設もしくは容量が大きなメモリーに交換することを検討しましょう。交換自体は特別な工具も必要なく、短時間で完了いたします。OSなどの設定や再インストールも必要ございません。ただし、パソコンの内部を開けて交換しなければならないので、ある程度の知識が求められます。

文字を入力する際の反応が悪い

文字入力が遅いと感じている場合、主に2つの原因と対策が考えられます。

無線キーボードを再設定する

無線キーボード無線キーボードの場合は、通信異常で動作が重くなっている可能性がございます。本体と近くの障害物がないところでキーボードを使っている場合はデバイスドライバーが正常に動いていない可能性があるので、再インストールをしてみましょう。再インストールについては各メーカーのマニュアルを参照したほうがいいので、ここでは省略いたします。

キーボード設定を変更する

キーボード通常、キーボードを接続したらそのまま使えるはずです。しかし、なかにはWindowsのキーボードの初期設定ではうまく動作しないケースもございます。スタートボタンを押し、一覧から「Windowsシステムツール」を選択し、そのなかの「コントロールパネル」を選びましょう。設定項目一覧のなかにある「キーボード」を選んでクリックいたします。そのなかに「表示までの待ち時間」「表示間隔」というものがございます。スライダーを調整すると反応の速さが変わるので、状況が改善できないか試してみましょう。最後に「適用」を押せば設定完了です。

IME設定を変更する

予測入力IME設定の「予測変換」を無効にすることで動作が軽くなることもございます。まずIMEアイコンを右クリックして「プロパティ」を選びましょう。ポップアップされた設定欄に予測変換を有効にするチェックボックスがあるので、チェックを外すことで無効にできます。最後に「適用」を押せば設定変更が完了です。

アプリケーションを起動する際にフリーズする

特定のアプリケーションを起動した際にフリーズする場合の原因と対策を紹介いたします。

メモリーを増やす・交換する

メモリーまず対象のアプリケーションが処理の重いアプリケーションかどうか考えてみましょう。もし、オンラインゲームなど一時的に高負荷がかかるようなアプリケーションなら、メモリー不足やCPUの処理能力不足が疑われます。この場合は先に解説した「同時に複数のソフトを起動することができない」の項目と原因・対策が同じです。ただし、フリーズしてしまうほどなら根本的にスペック不足であると考えるので、ハードウェアの対策が必要かもしれません。

セキュリティーソフトを一時的に解除してみる

セキュリティーソフトもう1つの可能性はセキュリティーソフトが反応して、動作を停止している可能性です。信頼できないアプリケーションを立ち上げるとフリーズしてしまうなら、その可能性はさらに高いといえます。ただ、悪意のあるアプリケーションでなくても、常時スパイウェアやマルウェアを監視しているセキュリティーソフトが反応し、リアルタイムで保護(停止)をする場合もございます。もし信頼できるアプリケーションならインターネット回線を遮断するなどセキュリティを確保したうえで、セキュリティーソフトを一時的に無効にして起動してみましょう。これで改善される場合は、アプリケーションの販売元やドクター・ホームネットにご相談ください。

HDDやSSDを交換する

HDD各アプリケーションのプログラムや設定データなどは、HDDやSSDの特定の場所に保存されています。したがって、この部分に故障があるとアプリケーションを起動するたびにHDD/SSDがフリーズしてしまう現象が起きることもあるのです。HDDの場合、一般的な使い方をしていても5年以上使用していれば故障の確率が高まるといわれています。他の場所でも不具合が出始めるリスクが高いため、早めに交換するといいでしょう。HDD/SSDの交換はパソコン初心者でもできないことはございません。ただし、パソコン内部からHDD/SSDを取り出して交換しなくてはならず、電源や通信用のケーブルの配線も必要です。また、HDD/SSDをコピーしない場合はOSのインストールからするため、ややハードルが高いといえます。

容量の大きいファイルを開くことができない

大容量のファイルが開けない場合はHDDかSSDの空き容量が足りなくなっていることが考えられます。ファイルを開く場合は一時的にHDDやSSDのスペースが必要になることがあり、容量がないと開けなくなります。また、ファイル編集中に動作がおかしくなるなら、一時ファイル用のスペースなどが確保できないことが原因かもしれません。ファイルを保存しているドライブの容量が余っているか確認してみましょう。アイコンに表示されている使用割合を示すバーが赤くなっていると要注意です。

そもそも、このような状態になっていれば、容量が大きいファイルを開く時以外にも動作が遅くなっていることが多いです。不要なファイルなどを削除・移動すれば、パソコンの動作を速くできるかもしれないので試してみましょう。また、「ディスクのクリーンアップ」をすると不要なファイルを自動的に削除できます。画面下部のメニューバーの「エクスプローラー」(フォルダのアイコン)を押し、表示された画面の左側にある「PC」をクリックいたします。容量の少ないドライブを選んだら、画面上部の「ドライブツール」から「クリーンアップ」を選び実行しましょう。

初期設定ではダウンロードされたプログラムファイルやインターネット一時ファイルなど、通常不要なデータが自動的に選ばれて削除されるので便利です。もし十分な空き容量が確保できない場合は、外部に接続できるHDDやSSD、USBメモリーなどを使うのが手軽な方法です。

重たい処理に時間がかかりすぎる

重たい処理に時間がかかりすぎる場合は、パソコンのスペックが足りていないことが疑われます。

推奨スペックを満たしていない場合はハードウェアの追加・更新

CPUアプリケーションやOSの販売元、動画配信などのサービスの提供者は、ほとんどの場合、アプリケーションが正常に動作する推奨スペックを公表しています。その条件を満たしているか確認してみましょう。

通信処理がボトルネックになっていないかチェック

速度が遅いインターネット通信をする場合には、通信速度が遅くなっている場合やルーターなどの通信機器のスペックが足りていない可能性が考えられます。たとえば無線接続で高解像度の映画を見ようとすると、処理が重くなる可能性が高いのです。時間帯によって動作が遅くなるなら、回線が混雑している可能性が高いといえます。この場合は、通信機器や利用している回線サービスを変更することが対応策です。

写真や動画編集などが遅いならグラフィックボードの増設を検討

グラフィックボード写真や動画の編集などで動作が重くなるなら、グラフィックボード(GPU)の増設で解決する可能性がございます。グラフィックボードは画像や映像の入出力処理に特化したパーツです。このグラフィックボードはエントリークラスのパソコンには付属していないことが多いです。増設するグラフィックボードの選択や増設作業の難易度は高いですが、所有しているパソコンを使って処理を速くすることも可能です。ただし、ノートパソコンなどグラフィックボードが増設できないパソコンも少なくありません。

パソコンを操作するたびにワンテンポ遅れる

パソコンを操作するたびに一瞬止まる・遅れるように感じる場合は、以下の原因と対策が考えられます。

OSの視覚処理を無効にする

設定画面上の視覚効果は見た目もよく、操作や処理のプロセスがわかりやすくなります。しかし、こうした視覚処理によってパソコンに負荷がかかり、一瞬動作が遅れるように感じているのかもしれません。Windows 10では左下のスタートボタンを押し、歯車のマークをクリックすると、設定するカテゴリーの一覧が表示されるはずです。そのなかの「簡単操作」を選び設定画面を開きましょう。初期設定では「Windowsでアニメーションを再生する」という項目にチェックが入っているので、不要ならチェックを外します。

また、「Windowsの表示に透明性を表示する」という項目もございます。これはエフェクトをかけて背後の映像や画像をぼんやり写す機能のことです。この処理もパソコンの負荷になるので、できるだけ動作を軽快にしたい場合はチェックを外しましょう。ただ、これらの対策によって劇的に処理が速くなることは期待できません。一瞬でも処理を速くしたい人に向いている対策といえるでしょう。

「プチフリーズ」するSSDを交換する

SSD交換SSDの種類によっては、また、SSDとパソコン本体やOSとの相性によっては、数秒から数十秒の間パソコンがフリーズしたようになる「プチフリーズ」現象が発生することがございます。通常、どのような処理をしていてもランダムで発生する現象なので、パソコンの使用上かなり支障が出る現象です。主な原因はSSD内部のコントローラーに問題があるか、何らかの原因でOSの省電力機能が作動しているかです。

SSDにはデータを保存する部分以外に処理を制御するコントローラーが付属しています。このコントローラーが正常動作しないと読み書きの処理が停止するため、プチフリーズ現象が発生いたします。もし同じ現象が発生しているケースが多いかメーカーが不具合を認めているなら、SSDの誤動作が疑われるため交換しましょう。製品名や型式を調べて検査すると情報を得やすくなります。

OSの省電力機能が作動する場合は「LPM問題」といわれています。この場合、OSの電源オプションで「HIPM機能」というのを無効にすれば、不具合が解消される可能性がございます。ただし、この設定をするには「レジストリ」という非常に重要な設定ファイルを変更することが必要です。この設定はコントロールパネルのように簡単ではないうえ、間違ったところを変更してしまうとパソコンの動作に重大な影響を及ぼしかねません。パソコン初心者なら止めたほうが無難といえます。レジストリの変更が必要な場合は、ドクター・ホームネットにご相談ください。

動画を開いたり、再生するのに時間がかかる

動画を開いたり、再生するのに時間がかかる場合の原因と対策は、自分のパソコンにデータがあるか、ストリーミング再生(視聴している部分近くのデータをその都度ダウンロードする)かによって違います。自分のパソコンにあるデータをスムーズに再生できない場合や通信速度に問題がある場合は「重たい処理に時間がかかりすぎる」の段落で紹介した対策を試してみましょう。ここではそれ以外の原因と対策を紹介いたします。

ブラウザーを最新バージョンにアップデートする

アップデート動画を視聴しているブラウザーのバージョンが古いと動作が遅くなることがございます。利用者が多いブラウザーでもこうした現象が確認されているため、試しにブラウザーを最新バージョンにしてみてください。このような現象が起こる理由としては、配信側が新しい形式で動画を配信しているのにブラウザーが対応していないなどさまざまです。なお、ブラウザーが古く、Flash Playerという機能やHTML5という規格に対応していないなどの場合は、動画そのものが開けないことがございます。

ブラウザーのキャッシュデータを削除する

削除「キャッシュデータ」とはブラウザーを使った時に一時的に蓄えたデータのことです。このキャッシュがたまりすぎるとハードディスクやメモリーの容量を圧迫してしまい、動画の読み込みが遅くなる場合がございます。各ブラウザーにはキャッシュデータを消すための機能が用意されているので、動画を視聴する前に消してみましょう。

動作が遅いパソコンのサポート料金例

作業内容 料金(税込)
システムのクリーンアップ

6,600円

動作を遅くしている原因(不要なソフト・スタートアップなど)の除去

初期導入済みウイルス対策ソフト設定

2,200円

パソコンに初期導入済みのウイルス対策ソフトの登録・設定

出張サポートで「初期導入済みウイルス対策ソフト設定」を行った場合の合計金額

基本料金 環境・トラブル診断料金 作業料金 合計金額(税込)
5,500円 3,300円 2,200円 11,000円

詳しい修理料金はこちら

※記載の料金は一例です。作業内容や部品破損の有無などによって料金は前後する場合がございます。
事前にお見積もりの上、お客さまのご了承をいただいてから作業いたします。
※記載の料金は全て税込表記です。

65歳以上の方、学生の方、障がい(第1種・第2種)をお持ちの方は、作業料金が10%割引になります! 65歳以上の方、学生の方、障がい(第1種・第2種)をお持ちの方は、作業料金が10%割引になります!

修理の流れ

1

まずはお電話ください

年中無休、土日祝日もつながります!

2

サポートのご提案をいたします

スーツ着用の正社員が訪問するので安心です!

3

事前見積もりで安心会計

追加費用が必要だと判明した場合も、必ず事前にご説明いたします。

料金は作業完了後に現金またはクレジットカード、QRコード(※)にてお支払いください。

※クレジットカード決済とQRコード決済は、離島など一部地域ではご利用いただけません。

よくあるご質問

メモリーはどのくらいの容量が必要ですか?

Windows 10の場合、64bit版は4GB以上のメモリーを搭載することが推奨されています。ユーザーごとの使い方によっては4GBでも足りますが、快適な動作のために8GB以上をおすすめしております。

SSDにした方が早くなるのですか?

SSDは物理的に動作する部品を使用していないため、HDDに比べてスピードが早くなります。処理はCPUが行っていますが、データの読み書きのスピードが高速なため結果的に動作が早くなります。また、起動時間が短縮されるなどのメリットがあり体感できるレベルで早くなることがほとんどです。

使っていると動作が遅くなるのはなぜですか?

さまざまなアプリケーションを開いて使用していると、メモリーの使用可能領域が消費されていくので動作が遅くなっていきます。またアップデートなど、バックグラウンドで自動的に行われる処理などによっても動作が遅くなることがございます。

ノートパソコンでも処理速度を早くしたりできるものですか?

ノートパソコンの場合でもほとんどのモデルでメモリーやHDDの交換・増設ができます。メモリーの増設や、HDDからSSDへの換装によって動作を早くすることができます。

動作が遅いパソコンの修理事例

ドクター・ホームネットがパソコン修理・サポートを行った、実際の作業内容をご覧いただけます。

    パソコン修理の実績を詳しくみる

    ドクター・ホームネットの店舗一覧

    ハードディスクやデータに関連する修理/サポートサービス

    ウイルスやスパイウェアに関連する修理/サポートサービス

    パソコンの部品に関連する修理/サポートサービス

    インターネットやWi-Fi、LANに関連する修理/サポートサービス

    Macに関連する修理/サポートサービス

    その他のサポートサービス

    パソコンの動作改善サポートの情報、パソコン修理のことなら【ドクター・ホームネット】パソコンのトラブル事例や修理事例をはじめとして、PCトラブルの最新情報などパソコンに関する情報が満載なパソコン修理情報サイトです。

    「パソコンが起動しない!」「ウイルスに感染してしまった!」「インターネットやメールができない!」など様々なトラブルを初期化せずに原状回復、PC修理を行います。パソコン初心者の方でも安心してご利用いただけるように、難しい専門用語は使用せず、また訪問修理でも信頼できる質の高い接客ができるように正社員がしっかりとサポートいたします。

    パソコンの故障かパソコンが調子悪いなど気になる事がありましたら、お電話かお問い合わせフォームからご連絡ください。パソコンの動作改善サポートなどのPC修理に関する情報なら【ドクター・ホームネット】

    パソコン修理をすぐ相談!
    通話料無料!携帯電話からもOK 0120-49-85-00 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!
    もしもの時の印刷用資料
    24時間受付 Webで申し込む

    ただいまの時間帯はフォームでの受付を承っております。サポートをご依頼される場合は9:00~21:00の間にお電話いただくか、ご予約フォームをご利用ください。

    ご予約フォーム
    お名前
    フリガナ
    電話番号
    連絡時間帯

    個人情報取扱い同意書の内容にご同意いただけましたら「同意して送信する」を押してください。