感染症の拡大に伴うお客さまへのお願い

ドクター・ホームネットでは新型コロナウィルス感染症(COVID-19)対策として、訪問・持込対応時の対策を実施しております。
その一環として、受付時及び訪問時にお客さま・ご家族さまの体調確認をさせていただく場合がございます。
何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
尚、当社のスタッフについても毎朝の検温・体調確認のうえでサポート対応を行っております。

起動時間の短縮・フリーズ低減 パソコン全体の動作を改善するメモリー増設サポート 起動時間の短縮・フリーズ低減 パソコン全体の動作を改善するメモリー増設サポート

動作が遅いパソコンのメモリー増設|ドクター・ホームネットは全国どこでも即日駆けつけ可能!

動作が遅いパソコンのメモリー増設

パソコンが遅くなる原因には様々なものがありますが、その中でも比較的多いのが「メモリー不足」という状態です。そのような場合には、メモリーを増設することで動作や処理スピードが改善され、パソコンの快適さを向上させることができます。ドクター・ホームネットのメモリー換装は、感想後の動作チェックも実施する安心のサポートをご提供しております。

メモリー不足で発生する主なトラブル

パソコンの起動に時間がかかる

起動時のOSのシステムを展開し、逐次処理するためメモリが少ないパソコンの場合、起動に時間がかかることがございますが、メモリーの増設で起動の高速化が可能です。

アプリケーションの動作改善

ソフトそのものの動作が重たくて動かないこともメモリー不足で発生するトラブルのひとつです。動画編集ソフトなどによっては起動さえできないこともございます。

アプリケーションが同時に動かせない

メモリーは作業机の上の広さと例えられることがあるように、複数のソフトを同時に使用するには十分なメモリー容量が必要です。

パソコンがフリーズしてしまう

メモリー不足はパソコンの動作すべてに影響いたします。動作遅延の原因はCPUの能力だけではございません。使用中の快適さを損なう要因となります。

メモリーってどんな部品?

メモリーメモリーとは、現在のコンピューターでは一時的にデータを記憶するための部品のことです。

パソコンを机に例えると、データを保存しているハードディスクは机の引き出し、メモリーは机の天板のようなイメージです。

私たちが引き出しから書類を取り出して机の上で作業するように、パソコンはハードディスクから読み出した内容をメモリーに一時的に記憶します。

机の上が広いと書類を並べて効率よく作業できますが、狭い場合はこまめに片付けたりしながら作業しないといけなくなるので、作業効率が悪くなります。パソコンも同様で、メモリーの容量が不足すると一時的に記憶した内容をハードディスクに戻し、必要になったらまた読み出し…という事を繰り返すため、非常に動作が遅くなってしまいます。

メモリーの上には、データだけではなくソフトも読み込まれます。最近はセキュリティーソフトが必須になっており、しかもサイズも大きくなってきているので、パソコンを立ち上げただけでメモリーの大きな領域を使ってしまっている状態になっています。

どれくらい増やせばいいの?

メモリー増設パソコンの用途やOSなどによって必要な容量が異なります。最近ではインターネットを閲覧するソフトだけでも700MB~1GB(1024MB)くらいを使うこともあるので2GBのメモリーを搭載するパソコンもございますが、その場合使用用途は限られます。最低でも4GB、できれば8GBを搭載しておくことで快適にお使いいただけます。

CPUの性能によって変わってきますが、4GB~8GBだと一般的なエクセルファイルを扱うのに問題ないくらいの容量です。16GB以上になるとプロが使う画像編集ソフトを問題なく使えるレベルの容量です。

ただし、パソコンの仕様やメモリーの規格などによって増設できる上限は異なります。Windows XPのパソコンでも、古いものだと1GBまでしか搭載できないこともございます。

アプリやソフトの動作環境について

アプリやソフトを使う際に、お使いのパソコンで目的のものが使えるかどうか「動作環境」の条件を調べるかと思います。その際の注意点ですが、必須環境を満たしていれば一応動作はしますが、動きが遅かったり安定した動作ができないといったことがございます。そのため安定した状態でアプリやソフトを使いたい場合は、アプリやソフトの動作環境の説明ページなどにある「推奨環境」に書かれている性能のパソコンを使うようにしましょう。

メモリーの確認方法

メモリーの確認方法実際自分が使っているパソコンのメモリーが何GBなのか気になった人もいるのではないでしょうか。調べ方は簡単です。まずスタートボタンを右クリックして表示されるメニューから「システム」を選択すると性能について書かれた画面が出てきます。その画面の中の「デバイスの仕様」項目内にある「実装RAM」と書かれた文字の横にあるのが、あなたが使っているパソコンのメモリー容量です。

メモリーの規格や種類

パソコンのメモリーは複数の規格があり、さらにパソコン側やマザーボードの仕様によって制限が変わります。パソコンはそれぞれメモリーの本数や最大搭載量が決まっているので、使用しているパソコンに適合するメモリーをきちんと選ぶ必要がございます。

2016年頃以降から販売されているパソコンはDDR4 SDRAMが主流となっていますが、一世代前のDDR3 SDRAMのパソコンも現在まで現役で使われています。

デスクトップパソコン用

DIMM
(288pin、240pin、184pin、168pin)

ノートパソコン用

SO-DIMM
(260pin、204pin、200pin、144pin)

メモリー換装の際に確認する項目

メモリチップ規格 DDR4-2400、DDR4-2666、DDR4-3200、DDR3-1333、DDR3-1600
ピン数 DIMM(288pin、240pin、184pin、168pin)
SO-DIMM(260pin、204pin、200pin、144pin)
エラー訂正 ECC、non-ECC
容量 2GB、4GB、8GB、16GB、32GB
スロット数 2基、4基
メモリチャネル デュアルチャネル、クアッドチャネル

※メモリーを選ぶ際の一例です。

メモリーを増量させる2つの方法

メモリーを増やすには2つの方法がございます。一つ目は今刺さっているメモリーを取り外して、より容量の多いメモリーに付け替える方法です。2GBのメモリーを4GBのものに換装することでメモリー容量を増やすことができます。

メモリー増量二つ目の方法、空いているメモリースロット(メモリーを刺す部品)に新しいメモリーを取り付ける方法です。既に装着されているメモリーも活かすことができるので無駄なく増量させることができます。この両方の方法をあわせて、容量の少ないメモリーを取り外して換装し、さらに空いているスロットにも取り付けることでパソコンのメモリーを最大容量まで増量させることができます。

しかしパソコンによっては、最初から取り付けられているメモリーの取り外しができない、既に最大容量が搭載されている、スロットが一つしかないので追加できない、といった製品もあるので、メモリー増量の際にはまず確認する必要がございます。特にモバイルノートの中には本体カバーが開けられないモデルも多いのでご注意ください。

メモリー増設時に発生する主なトラブル

メモリー増設は基本的にメモリーを挿すだけですが、さまざまな要因によりパソコンが起動しなくなるなどのトラブルが発生することがございます。専門知識がない状態でトラブルを解決しようとすると症状が悪化する恐れがあるため、メモリー増設時にトラブルが発生した際は、一度ドクター・ホームネットにご相談ください。

起動しない

パソコンが起動しない場合は、メモリーの故障、規格が合っていない、メモリー増設時に他の部品が故障したなどが考えられます。

ブルースクリーン

パソコンの起動時にブルースクリーンになる場合は、メモリーが物理的に故障していたり、なんらかの不具合が発生していることが考えられます。

ビープ音が鳴る

「ピー」や「ピピッ」といった音が鳴った場合は、メモリー関連のエラーが多く、メモリーがきちんと挿さっていない可能性が考えられます。

再起動を繰り返す

パソコンが再起動を繰り返す場合は、メモリーの故障やメモリーの接触不良、メモリーの容量不足、システムファイルの破損などが考えられます。

パソコンのメモリー増設はドクター・ホームネットにお任せください

メモリーはパソコンによって、適合する規格が異なり、さらに機種によって搭載できるメインメモリーの最大容量が決まっています。何が適合し、どれだけ増やすことができるのかを調べることが第一の難関です。さらにパソコンの中を開けてメモリーを取り付ける作業は別のトラブルを招くことも考えられます。ドクター・ホームネットでは、メモリー取り付け後の動作テストもしっかり行いますので安心してご依頼ください。

パソコン修理の料金例

作業内容 料金(税込)
分解、部品の交換・取り外し

6,600円

分解を実施し、部品の交換作業や取り外しの実施
※部品代は別途見積
※マザーボード・液晶パネル・インバーターは別料金

出張サポートで「分解、部品の交換・取り外し」を行った場合の合計金額

基本料金 環境・トラブル
診断料金
作業料金 合計金額(税込)
5,500円 3,300円 6,600円 15,400円

詳しい修理料金はこちら

※記載の料金は一例です。作業内容や部品破損の有無などによって料金は前後する場合がございます。
事前にお見積もりの上、お客さまのご了承をいただいてから作業いたします。
※記載の料金は全て税込表記です。

65歳以上の方、学生の方、障がい(第1種・第2種)をお持ちの方は、作業料金が10%割引になります! 65歳以上の方、学生の方、障がい(第1種・第2種)をお持ちの方は、作業料金が10%割引になります!

修理の流れ

1

まずはお電話ください

年中無休、土日祝日もつながります!

2

サポートのご提案をいたします

スーツ着用の正社員が訪問するので安心です!

3

事前見積もりで安心会計

追加費用が必要だと判明した場合も、必ず事前にご説明いたします。

料金は作業完了後に現金またはクレジットカード、QRコード(※)にてお支払いください。

※クレジットカード決済とQRコード決済は、離島など一部地域ではご利用いただけません。

よくあるご質問

メモリーは多ければ多いほど良いですか?

OSとパソコンの使用方法によって異なる上、OSの種類によっては認識する上限があるため多いほど良いわけではありません。例えばWindows 10の32bit版は4GBまでしか認識しないため、4GB以上にするのは通常の使い方では無駄になります。最適なメモリー容量がわからない場合はドクター・ホームネットにご相談ください。

自分で購入したメモリーを取り付けてもらえますか?

取り付け作業だけのご依頼も承っています。もしメモリーの規格がパソコンに合わない場合は、ご購入されたメモリーを取り付けることはできませんので予めご了承ください。メモリーの規格がわからない場合は、ご自身で購入せず、現地でスタッフからご購入ください。

メモリーを増設すれば確実に動作は速くなりますか?

確実に速くなるとは言えません。パソコンの動作が遅い場合は様々な要因が考えられます。単純にメモリー不足の場合は速くなりますが、CPUやグラフィックボードなどの性能不足の可能性もあります。要因が明確にわからない場合はドクター・ホームネットにご依頼いただくのが確実です。

メモリーを増設すれば画像などを保存できる容量も増えますか?

増えません。仮に500GBのHDDを搭載しているパソコンのメモリーを4GBから8GBに増設したとしても、HDDの容量が504GBになることはありません。画像などを保存する容量を増やすためには、HDDまたはSSDの増設・交換が必要です。

ドクター・ホームネットの店舗一覧

ドクター・ホームネットのサービス一覧

ハードディスクやデータに関連する修理/サポートサービス

ウイルスやスパイウェアに関連する修理/サポートサービス

パソコンの部品に関連する修理/サポートサービス

インターネットやWi-Fi、LANに関連する修理/サポートサービス

Macに関連する修理/サポートサービス

その他のサポートサービス

動作が遅いパソコンのメモリー増設の情報、パソコン修理のことなら【ドクター・ホームネット】パソコンのトラブル事例や修理事例をはじめとして、PCトラブルの最新情報などパソコンに関する情報が満載なパソコン修理情報サイトです。

「パソコンが起動しない!」「ウイルスに感染してしまった!」「インターネットやメールができない!」など様々なトラブルを初期化せずに原状回復、PC修理を行います。パソコン初心者の方でも安心してご利用いただけるように、難しい専門用語は使用せず、また訪問修理でも信頼できる質の高い接客ができるように正社員がしっかりとサポートいたします。

パソコンの故障かパソコンが調子悪いなど気になる事がありましたら、お電話かお問い合わせフォームからご連絡ください。動作が遅いパソコンのメモリー増設などのPC修理に関する情報なら【ドクター・ホームネット】

パソコン修理をすぐ相談!
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-49-85-00 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!
もしもの時の印刷用資料
24時間受付 Webで申し込む

ただいまの時間帯はフォームでの受付を承っております。サポートをご依頼される場合は9:00~21:00の間にお電話いただくか、ご予約フォームをご利用ください。

ご予約フォーム
お名前
フリガナ
電話番号
連絡時間帯

個人情報取扱い同意書の内容にご同意いただけましたら「同意して送信する」を押してください。