ドクター・ホームネット

もしも!の時もしも!のプロ

0800-555-0049

犬猫10秒動画で人気のアプリ「mofur」とコラボした100人到達記念動画を公開中!

シェアしよう!

もしも!の時

宿利原 加奈 英語講師/英語教室経営

プロフィール

アメリカの大学を卒業後、1年間日本企業のアメリカ支部で勤務。レストラン業務などに携わる。帰国後も飲食業に従事していたが、出産後育児に専念。3人の子育てに奮闘中だが、留学経験で感じた日本の英語教育の脆弱さに少しでも貢献したいと昨春より自宅で英語教室を立ち上げた。

英語を学ぶ子どもたちが笑顔になる場を作りたい!

大好きだった英語なのに…。
アメリカで全然通じなかった!

大好きだった英語なのに…。
アメリカで全然通じなかった!

自宅で子どもたち向けの英語教室を行っています。子どもたちに英語を教えたいと思うようになったのは、アメリカ留学がきっかけ。留学当初は全然英語が通用しなかったんです。ショックでした、日本で私が学んだことってなんだったの?って。もっと違う学び方があったに違いない、これから英語を学ぶ人に私と同じ思いをして欲しくないと痛切に感じました。それが原点ですね。まだ生徒数は多くはありませんが、新しい言語に触れる子どもたちを見ていると責任の大きさとともにうれしさもこみ上げます。新しい世界の広がりに携わっていると実感するんです。

ネットで英語教材を見た瞬間、
「これだ!」と思った

ネットで英語教材を見た瞬間、
「これだ!」と思った

英語教室は育児が落ち着いてからでもいいかなと考えていたのですが、「私が教えないで誰がする?」という思いが止められなくなったんです。ネットサーフィンをしていて素晴らしい英語教材に出逢ったのも背中を押しましたね。イギリスの小学校の7割で導入されているという『Jolly Phonics Extra』です。「英語教室を開くために、この教材を使いたい」とすぐにこの教材を取り扱っている先生にすぐに連絡。指導方法もレクチャーしていただきました。自分でもびっくりするほどの行動力でしたし、あれよあれよという間に教室を開く段取りが整っていったのです。

自由な子どもたちを前に呆然。
初レッスン後はひたすら反省

自由な子どもたちを前に呆然。
初レッスン後はひたすら反省

完璧に準備もして迎えた教室初日ですが、もう情けないくらいグダグダになってしまいました。たった40分のレッスンですが、先生である私の思いどおりに動いてくれないんですよ!自分が主導権を握らないといけないのに、完全に子どもたちのペースに巻き込まれていました。でも、ある生徒のママさんからいただいた「以前通っていた英語教室はマニュアル通りにレッスンを進めたらそれで良しとされていて、先生が子どもたちの目を見てなかったんです。子どもも“英語面白くない”と言っていました。この教室は先生と子どもたちがちゃんとコミュニケーションを取っているので安心です」というメールに勇気づけられました。まだまだ先生としては至らない点もありますが、英語を教えるだけではなく、信頼関係を築くことを大切にしたいと思っています。

教室活動を広めるには
パソコンは不可欠だけど…

教室活動を広めるには
パソコンは不可欠だけど…

将来的には英語を話せるママたちを先生にした子供向けの英会話教室を展開したいと考えています。そのためにはホームページを作ったりした方がいいとはわかっていますが、パソコンやネットは苦手。パソコン用語がよくわからないんです!ブログやFacebookは自分を知ってもらうためには便利だけど、見ず知らずの人に見られている怖さも感じます。基本的な操作しかわからないので、データがなくなったなどの大きなトラブルに見舞われたことはありません。でも、これから自分がやりたいことのためにはもっと使いこなせるようにならないとダメですよね。それも十分わかっているのですが、パソコンに関してはかなり後ろ向きです(笑)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

  • もしもの時!とは
  • ムービーで見るもしも!
  • ドクター・ホームネットとは

Copyright © 2003-2016 ドクター・ホームネット by 日本PCサービス株式会社. All rights reserved