ドクター・ホームネット

もしも!の時もしも!のプロ

0800-555-0049

犬猫10秒動画で人気のアプリ「mofur」とコラボした100人到達記念動画を公開中!

シェアしよう!

もしも!の時

筒井 隆史 歯科医師

プロフィール

歯科医師。大阪市中央区北浜、フェスティバルタワーなどにあるデンタルクリニック5院を経営。北海道医療大学卒業後、歯科医院での勤務を経て、NY大学歯学部インプラント科へ留学。帰国後、北浜にて筒井歯科開業。技術、知識ともに常に新しい医療を提供することを実践している。

口もとは印象も笑顔も、そして人生も変える!

幼い頃から何度も聞いていた
両親の言葉が将来を決めた。

幼い頃から何度も聞いていた
両親の言葉が将来を決めた。

両親ともに歯科医師です。「街の歯医者さんの息子さん」でしたが、後を継ぎなさいと言われたことは一度もありませんでした。プラモデルやラジコン、料理、映画など夢中になったものはいろいろ。はまると没頭するタイプで、カレー作りを究めたこともあります。でも大学進学の際に頭をよぎったのは両親がいつも家で話していた「治療に来ていただいてお金をいただいているのにありがとうと言われる、こんなありがたい職業はないよ」という言葉。両親の言葉の真髄を知りたくて、歯科医になることを決めました。

最先端医療で、怖くない、
上質な歯科治療を追求したい。

最先端医療で、怖くない、
上質な歯科治療を追求したい。

これからの医療はもっとグローバル化が進むはずだ、と大学時代から確信していました。数年間勤務医として経験を積んだ後、インプラント治療が学べる大学として有名なNY大に留学。慣れない英語での勉強はハードでしたが、日本で開業する夢があったので無我夢中でした。ところが、帰国後すぐに開業した歯科医院は閑古鳥で、廃業を覚悟したことも。口コミやWebなどで少しずつ患者様が増えていったのですが、患者様が来ないという苦しい日々は、私の医院経営の原点になりました。そもそも歯科医院は怖いもの、嫌なものという先入観が強いでしょう。患者様の不安感を少しでも軽減し、期待に応える医療を実現したいと思っています。

日本人の口もとへの
意識を高めたい。

日本人の口もとへの
意識を高めたい。

歯科医院は虫歯になったら行くところと考えているように、日本人は口もとへの意識が低いなと感じます。アメリカでは、歯科医院の存在はヘアサロンと同じような感覚です。予防への意識はもちろん、口もとを美しくしたいという気持ちも強いですね。当院では、診療で口もとを撮影するスマイルデザインという治療を行っています。どれぐらい口もとが美しくなるのかを、事前に患者様に見ていただいてから、治療をするのです。患者様とドクター、そして歯科衛生士で目指すところを共有するため、患者様にも安心を感じていただきやすい。信頼関係を築きやすいですね。口もとは、印象を大きく左右するもの。もしかしたら、人生を変えることだってあるかもしれません。歯科医として、口もとのケアを価値あるものとして、もっともっと世の中に発信していくつもりです。

すべてネットワークでつながっている院内。
不測の事態に陥ったら・・・

すべてネットワークでつながっている院内。
不測の事態に陥ったら・・・

患者様のデータはもちろん、あらゆるものをデジタル化しています。これによって、院内スタッフ全員で情報を共有できるのですごく便利ですし、スピード感もアップしました。患者様も診察台の上から、自分の口腔内をモニターで確認できるので、わかりやすいし、不安が少なくなったと好評です。歯の型取りもあらゆる角度からスキャンできるマシンを使い、そこから歯を削る機器にデータを送って歯を作るようになりました。だからこそ、デジタルが使えない状況になったらピンチです。もしもの時にすぐに対応できるプロの存在はありがたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

  • もしもの時!とは
  • ムービーで見るもしも!
  • ドクター・ホームネットとは

Copyright © 2003-2016 ドクター・ホームネット by 日本PCサービス株式会社. All rights reserved