ドクター・ホームネット

もしも!の時もしも!のプロ

0800-555-0049

犬猫10秒動画で人気のアプリ「mofur」とコラボした100人到達記念動画を公開中!

シェアしよう!

もしも!の時

吉田 采都子 BirthdayBank 執行役員 / 日本バースデープランナー協会 理事 チーフバースデープランナー

プロフィール

短大卒業後、リクルート社にて求人広告営業、大手海外化粧品会社、インポートランジェリーバイヤー職などを経て結婚、出産、退職。出産後に再びリクルート社にてホットペッパー創刊に携わり11年間在職。子育てしながら寝る間も惜しんで楽しみながら仕事した結果、事業初の殿堂入り営業としての経験が現在の『BirthdayBank』のヒントに。仕事もプライベートも楽しみながら、最高のPartyの提供とバースデープランナー育成事業に取り組んでいる。

開店間近に風船が!瞬時に思いついたアイデア!?

安さでは集客できない!
付加価値のあるサービスを生み出す。

安さでは集客できない!
付加価値のあるサービスを生み出す。

以前、私はリクルートで飲食系情報誌の営業をしていました。当時、私の担当エリアは銀座だったのですが、土地柄、料金の割引では集客につながらず、サービスやホスピタリティといった付加価値のあるコンテンツが重要だと考えていました。ある日、飛び込みの営業で入ったお店で「デコレーション・フラワーポム」という、飾り付けに使う紙のお花のデコレーションアイテムと出会いました。直感で「これは店舗の集客に使える!」と感じた私は、誕生日や記念日のスペシャルサービスとして、店内を飾り付けるというアイデアを思いつきました。その他、誕生日の方へのティアラをつけて撮影する企画や、乾杯シャンパンに好きなフルーツをトッピングしていただき、選んだフルーツで1年を占うスピリチュアルシャンパンサービスなど、様々なコンテンツを企画にまとめ、お店の集客を実現しました。

ホームパーティという
文化を広めたい!

ホームパーティという
文化を広めたい!

結果として、その企画は大成功を収めました。お誕生日や記念日に、非日常を味わえる特別な体験を演出することで、サービスに付加価値が生まれ、お店もお客様も喜ぶ企画となりました。その時、企画を盛り上げるために、海外のホームパーティに用いられる、専用グッズを探したのですが、当時は販売しているお店が少ないという所に着目し、自分で商品を仕入れ、販売したのが『BirthdayBank』です。こんなサイトを待っていた!と好調だったものの、購入したお客様がサイトで紹介しているイメージ写真のようにスタイリングする事が難しいというご相談に応える形で、ミニセミナーを開いたことがきっかけになり、その後の日本バースデープランナー協会の設立にも繋がりました。

鍛えられた応用力が
ピンチをチャンスに変えた!

鍛えられた応用力が
ピンチをチャンスに変えた!

立ち上げから間もない時期に、ある百貨店さんからイベントのプロデュースのお話をいただきました。テーマはずばり「バースデーフロア」。前日の夜から会場入りし、飾り付け用のバルーンをひとつひとつヘリウムで浮かせるために膨らませ、日付が変わるころまで準備を行いました。しかし次の日の朝、会場へ来てみるとバルーンが下に落ちてきてしまっており…。発注したバルーンのサイズが小さかったのが原因でした。開店時間あと30分と迫っているので、途方に暮れている時間はありません。咄嗟のアイデアで浮かべるのではなくバルーン数個をひとつにまとめリボンでアクセントをつけバルーンをブーケのように仕上げました。その場しのぎの策でしたが、とてもかわいくなり、結果的には売場がぐっと華やかになり好評を得ることが出来ました。そういう応用力は前職で鍛えられたものですね。

パソコントラブルには
強力な味方がいる!

パソコントラブルには
強力な味方がいる!

パソコンやスマホなど、私は本当に苦手なんですね。「BirthdayBank」のサイトは担当者がいるので問題ないのですが、私用で使うものにはいつも苦労しています。書類や企画書程度は自分で作るんですが、パソコンが遅くなったりするのはしょっちゅうです。しかし、私には心強い味方として息子がいます。彼はデジタルに強く、どこで身に付けたのか、動画の編集もお手の物。先日も息子と一緒に携帯ショップに料金プランの見直しに行ったのですが、店員さんもびっくりの知識で、私の代わり最適なプランを選んでくれました。今では携帯からパソコンまで、自身で使用する機器に関してはすべて彼に任せっきりですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

  • もしもの時!とは
  • ムービーで見るもしも!
  • ドクター・ホームネットとは

Copyright © 2003-2016 ドクター・ホームネット by 日本PCサービス株式会社. All rights reserved