ドクター・ホームネット

もしも!の時もしも!のプロ

0800-555-0049

犬猫10秒動画で人気のアプリ「mofur」とコラボした100人到達記念動画を公開中!

シェアしよう!

もしも!の時

砂田 哲宏 串揚ロト オーナー

プロフィール

神戸市中央区に店を構える、『串揚ロト』のオーナー。数々の料理店を経て、2013年にお店をオープン。ワインのスペシャリストとしての顔も持つ。女性客にも人気の落ち着いたお店は、予約必須の人気店として有名。ワインに合う串揚げをコンセプトに、素材の味を活かしたメニューが並ぶ。

プロとしてのけじめ!大切なモノを諦め、道を極めた。

決めたひとつの道!
夢見た自分の店を持つ。

決めたひとつの道!
夢見た自分の店を持つ。

両親が鶏肉卸の会社を経営していたので、高校卒業と共に家業を手伝いはじめました。その頃、兄は料理人として働いており、私も料理の世界に憧れていたので家の仕事が終わった後、アルバイトとして飲食店で働き始めました。25歳の時、料理一本で生きていこうと決め、家業を辞めて調理師の道に進みました。修行時代はとにかく必死で学びましたね。その後、三宮にある『串かつ鎌谷商店』で5年間働かせていただき、念願だった自分の店を2013年にオープンすることができました。

師匠からいただいた
最高のアドバイス!

師匠からいただいた
最高のアドバイス!

店名の『ロト』は、英語のロータスを基に名づけました。ロータスは日本語でレンコンや蓮といった意味です。母方の実家の近くにあった蓮池が大好きで、季節になると川面に薄紅の蓮が咲き誇り、その風景が幻想的でずっと心に残っていたので、この名前に決めました。あと、レンコンは串揚の代表的な素材のひとつですしね。開店に向け物件を探していた時ですが、『鎌谷商店』から離れた場所で出店するのが礼儀だと思い、違うエリアで探していのですが、社長から連絡があり「ここがお前の地元なんだから、ここでやればいい」と言っていただきました。そのお言葉は本当に嬉しく、今でも心から感謝しています。

ワインとのマリアージュ。
ここにしかない味を目指す!

ワインとのマリアージュ。
ここにしかない味を目指す!

串揚げ屋を始めたのは、やはり修行させて頂いたということが大きかったのですが、なによりも、串揚げというものをもっと自分なりに完成させたいという思いが一番のきっかけですかね。神戸の串かつは衣が薄いのが特徴です。大阪は衣に味が付いているのがポピュラーです。僕はワインが好きで、ワインエキスパートの資格も持っているのですが、ワインに合う串揚げを目指して、素材、衣、ソースなどに独自のこだわりを持って、日々研究しています。しかし、素材にあまり手を加えすぎると、創作料理になり味がぼやけてくるので、素材本来の味を大切にすることを心掛けています。

まさかの骨折!
プロを極めるために決めた思い。

まさかの骨折!
プロを極めるために決めた思い。

小学校の頃からずっとラグビーをしていて、働き出してからも続けていました。ラグビーは骨折をはじめ、様々な怪我がつきものなんですが、25歳で料理人を初めた時に、足の骨を骨折してしまいました。料理人は立ち仕事ですので、骨折すると使い物になりません。大好きなラグビーを辞めたいと思ったことは一度もなかったのですが、本気でプロの料理人となるためには、このままではダメだと思い、骨折をきっかけにきっぱりとラグビーを辞めました。今は、元チームメートがコーチをしているチームの応援に行ったり、母校の試合を観戦するのが楽しいですね。特に、ここ最近はラグビーの人気が高いので嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

  • もしもの時!とは
  • ムービーで見るもしも!
  • ドクター・ホームネットとは

Copyright © 2003-2016 ドクター・ホームネット by 日本PCサービス株式会社. All rights reserved