ドクター・ホームネット

もしも!の時もしも!のプロ

0800-555-0049

犬猫10秒動画で人気のアプリ「mofur」とコラボした100人到達記念動画を公開中!

シェアしよう!

もしも!の時

中本 優 ユコちゃん生みの親/あわら市出身イラストレーター

プロフィール

福井県あわら市出身のイラストレーター。大阪芸術大学での卒業制作で描いたオリジナルキャラクター「ユコちゃん」を代表作に、あわら市とのコラボレーションイラストを多数制作。大阪の活版印刷会社に活動拠点を置き、活版印刷ならではの凹凸を活かした作品の制作にも意欲的に取り組む。

メイキングムービー

最後に最高の個展を。その覚悟が未来を変えた!

地元の街を中心に、
多くの人の笑顔を生み出すイラストを描く。

地元の街を中心に、
多くの人の笑顔を生み出すイラストを描く。

大学の卒業制作がきっかけで誕生したオリジナルキャラクター「ユコちゃん」を中心にイラストを描いています。「ユコちゃん」は、私の地元である福井県あわら市のイメージアップキャラクターとしてポスターから看板、給食センターのトラック、母子手帳にまで採用され、様々なところで活躍中。あわら市の子どもたちには「イラストレーターの中本優」と言うより、「ユコちゃんを描いている人」と言った方が通じるほどです。また、企業や自治体だけではなく、個人のお客様の似顔絵などを描く機会も多く、見る人を笑顔にできるイラストにこだわっています。

3回の個展を経て気付いた
現実の厳しさ。

3回の個展を経て気付いた
現実の厳しさ。

大学を卒業してから1年間はアルバイトをしながら制作を続けていましたが、その後イラストに専念することに。大阪で個展を3回開きましたが、手応えが感じられず貯金も減っていくばかりでした。思い悩んだ末、次の個展を最後にしようと決めました。そんな時に東京で知り合いのデザイナーが個展を開くと聞き、見に行くことになったのです。個展を見た帰りに、たまたま表参道を通りかかると、あるギャラリーが目にとまりました。

最後と決めて挑んだ個展。
それが、すべてのはじまりになった。

最後と決めて挑んだ個展。
それが、すべてのはじまりになった。

私が開いてきた大阪での個展はお客さんのほとんどが身内や友達。ところが、ガラス張りで煌びやかな雰囲気が漂う表参道のギャラリーは、通りすがりの人も含めて大勢のお客さんで賑わっていたのです。衝撃を受けた私は最後の個展の会場をそのギャラリーに決め、費用を工面。活動拠点を置く、大阪の活版印刷会社の社長もあらゆる人脈を使って宣伝活動に奔走してくれました。最後と決めて臨んだ、その個展をきっかけにあわら市の仕事をはじめ、イラストの仕事が軌道にのっていきました。

納品直前にwifiが不調!
データが送れない!

納品直前にwifiが不調!
データが送れない!

表面の凹凸が特徴的な活版印刷で刷るポストカードや名刺も多く制作していますが、描き上がったイラストをデータで納品するケースも少なくありません。以前、納品をしなければならない、まさにその日にwifiルーターが壊れてしまったことがありました。すぐに家電量販店に走り、新しくwifiを購入。なんとか納品に間に合わせることができました。予期せず起こる故障や不具合は本当に焦ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

  • もしもの時!とは
  • ムービーで見るもしも!
  • ドクター・ホームネットとは

Copyright © 2003-2016 ドクター・ホームネット by 日本PCサービス株式会社. All rights reserved