ドクター・ホームネット

もしも!の時もしも!のプロ

0800-555-0049

犬猫10秒動画で人気のアプリ「mofur」とコラボした100人到達記念動画を公開中!

シェアしよう!

もしも!の時

谷口 智則 絵本作家

プロフィール

20歳の時に世界中の絵本の原画が集まるボローニャ国際絵本原画展を見て、絵本作家を志す。金沢美術工芸大学を経て、絵本作家デビュー。現在は地元 四條畷市にギャラリーショップを構え、絵本だけではなく広告や商業施設の壁面などのデザインも手がける。

日本の絵本文化の常識を変えていく。

年齢も国籍も超えて
絵の力でストーリーが伝わる絵本を。

年齢も国籍も超えて
絵の力でストーリーが伝わる絵本を。

世界に向けてアピールできる絵本を作りたくて、大学ではイラストやキャラクターデザインではなく、あえて日本画を専攻しました。日本画の伝統的な技法や日本文化を大学で学び、絵本の制作は独学で習得しました。しっかりとした画力さえあれば、言葉がなくてもストーリーは伝わるという考えをもっているので僕の絵本には言葉が多くありません。年齢や国籍を問わず、楽しめる絵本づくりにこだわっています。

絵本は子どもだけのもの?
海外との文化の違いに戸惑ったデビュー当初。

絵本は子どもだけのもの?
海外との文化の違いに戸惑ったデビュー当初。

僕がデビューした当時、日本は不況だったこともあり、新人の絵本作家は出版社に相手にしてもらえませんでした。日本では絵本は子ども向けのものという考え方が根強く、カラフルな原色だったり、大袈裟な表現のものが多く見られます。僕の絵本は「大人っぽすぎる」「暗い」などと言われることもありました。日本より先にフランスで絵本を出版していたので、フランスと日本の絵本に対する考え方の違いには悔しい思いをしました。

絵本に触れる機会を増やし、
多くの人に魅力を伝えていく。

絵本に触れる機会を増やし、
多くの人に魅力を伝えていく。

フランスで順調に出版を重ねると、次第に日本の出版社からも受け入れられるようになりました。日本では受賞歴や実績など売れるという確証がないと、なかなか出版のチャンスがめぐってこないのが現実。けれど、もっと多くの方々に絵本に触れてもらう機会があれば、絵本に対する興味や感性が育まれるはずです。そんな思いから、サイン会やライブペインティングなどを積極的に開催し、子どもからお年寄りまで色々な方に僕の絵本を知ってもらいたいと考えています。

プロジェクターが映らないまま、
始まってしまった講演会。

プロジェクターが映らないまま、
始まってしまった講演会。

最近では講演会をさせていただく機会も多くありますが、ある時、小中学校の先生方を対象とした講演会でスライドショーの画像が写らなかったことがありました。絵本を手に持って見せても、会場が広くて全員には見ていただけないくらいの距離だったので、復旧までの30分ほどトークでつなぐしかありませんでした。そうした緊急事態に備えて、最近ではUSBに予備のデータを入れて行くようにしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

  • もしもの時!とは
  • ムービーで見るもしも!
  • ドクター・ホームネットとは

Copyright © 2003-2016 ドクター・ホームネット by 日本PCサービス株式会社. All rights reserved