ドクター・ホームネット

もしも!の時もしも!のプロ

0800-555-0049

犬猫10秒動画で人気のアプリ「mofur」とコラボした100人到達記念動画を公開中!

シェアしよう!

もしも!の時

波毛 英里紗 Sabrina Style お菓子研究家/スイーツデザイナー

プロフィール

短大卒業後、OLを経て、結婚。出産後に初めてお菓子教室に通う。本格的に学びたいと思っている時に、某雑誌企画にて、ル・コルドンブルーへ入学。おケイコレポーターを半年間務める。1年半の期間を経て、2004年にディプロム取得。企業様の商品を使ったレシピ提案、CPお菓子監修、Web、雑誌、TVなどのメディア媒体にて執筆、レシピ提供など。そのほか、イベントやパーティー向けにコンセプトに合わせたオーダーケーキ、クッキー製作、企業様のショールーム、大手百貨店などのイベントにて、お菓子ディスプレイ、スタイリングも行う。

出産後に動き出した、夢に向けての進路!

諦めきれない思い!
実現に向けて少しづつ動き出す。

諦めきれない思い!
実現に向けて少しづつ動き出す。

小さい頃からお菓子作りが好きでした。短大を卒業してOLとして働いていたのですが、その頃から海外でお菓子作りを学ぶために留学したいと思っていました。しかし、結婚が決まり、妊娠を機に退職しました。もちろん、子育ても始まり海外留学は諦めたのですが、お菓子作りの夢は諦めきれなかったので、出産して半年後に家から近くのお菓子教室に通いはじめました。その教室に2年ほど通ったのですが、もっと本格的な学校に通いたいと思い始めました。

憧れの学校に入学!
本格的で実践に即した学びがあった。

憧れの学校に入学!
本格的で実践に即した学びがあった。

そんな時に、お稽古専門の情報雑誌に、憧れの料理専門学校「ル・コルドンブルー」の菓子コースのモニター募集を見つけました。倍率は非常に高かったですが、なんとか選抜に選ばれ、娘の幼稚園入園と同時に、私も学校に通いだすことになりました。雑誌のお稽古レポーターは半年で終了したのですが、その後も学校は続け、基礎、中級、上級課程を修了し、ディプロムを取得しました。伝統的なフランス菓子について、名だたるシェフに実践的な講義を受けることができるのですが、例えば、午前中はシェフのデモンストレーションを見学し、午後は同じ物を一人でつくり上げるといった、本格的な教育環境でした。

学校と育児の両立!
深夜にまで及ぶ毎日の生活。

学校と育児の両立!
深夜にまで及ぶ毎日の生活。

娘の入園と、自分の入学が同時だったので、二人共新しい生活に馴染むのが大変でした。学校に行く日は、お迎えに間に合わないので、お友達や母親に迎えにいってもらったりしていました。娘も新生活のため話したいことがたくさんあります。私は、学校で学んできた事を復習したいと思うのですが、そこはぐっと我慢をして娘の声に耳を傾け、しっかりと話をする時間を取ったり、ご飯を一緒につくったりしながらコミュニケーションを図っていました。そして、娘が寝た後、深夜にケーキやクッキーを焼き、勉強をするというような毎日でしたね。

夢が実現し、広がる仕事の領域!
自分にしかできないスイーツを届けたい。

夢が実現し、広がる仕事の領域!
自分にしかできないスイーツを届けたい。

卒業後は自宅でお菓子教室を開きました。ある時、お花の先生と知り合う機会を得て、その方から雑誌の撮影用に、お菓子を作って欲しいと依頼を受け、雑誌のお仕事を始めるようになり、今ではメディア以外にも百貨店のディスプレイや、企業向けにレシピ提供など色々なお仕事いただいています。女性誌「DRESS」の企画では、「DRESS部活」という読者参加型の大人のコミュニティがあり、その中のスイーツ部の部長を昨年秋から努めさせてもらっています。今後は、美容と健康をテーマに、女性が気兼ねなく食べられるスイーツを目指して、体に良い素材を使ったヘルシーなお菓子などを研究していきたいと考えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

  • もしもの時!とは
  • ムービーで見るもしも!
  • ドクター・ホームネットとは

Copyright © 2003-2016 ドクター・ホームネット by 日本PCサービス株式会社. All rights reserved