ドクター・ホームネット

もしも!の時もしも!のプロ

0800-555-0049

犬猫10秒動画で人気のアプリ「mofur」とコラボした100人到達記念動画を公開中!

シェアしよう!

もしも!の時

吉田 亮介 クローバー オーナー

プロフィール

大学卒業後、ホテルに就職しレストランのホールスタッフとして働く。2010年、兵庫・塚口にフレンチレストラン「クローバー」を開店。シェフとして腕を磨いた妻とともに、二人三脚で予約の多い人気店を切り盛りする。野菜ソムリエの資格を持つ。

パートナーの骨折!自分の無力さを痛感。

妻の料理を広めたい!
二人で始めたフレンチレストラン。

妻の料理を広めたい!
二人で始めたフレンチレストラン。

ホテルマンとして働いていた時、妻に(その当時は、まだ結婚していませんでしたが)晩ごはんを作ってもらっていました。その食事がとにかく美味しくて、美味しくて。その時、いつかこの料理をたくさんの方に食べていただきたい、と思ったことがお店を始めるきっかけです。妻もそのプランには賛成でしたので、5年前に二人とも職場を辞めて、このお店をオープンしました。

飾らない場所で最高の料理とおもてなし。
親近感のあるお店を目指す。

飾らない場所で最高の料理とおもてなし。
親近感のあるお店を目指す。

このお店のコンセプトは、ホテルに負けない味を、住宅街でご提供することです。飾らない場所で、身近にある食材を使って本物の料理をお出ししています。そして、料理を楽しむだけでなく、大切な方とゆっくり会話を楽しみ、くつろいでいただけるお店でありたいと考えています。光栄なことに、最近はご予約のお客さまで満席になることが多いのですが、常連さんと一緒に初めて来られたお客様が、その後、お一人やご家族連れで来られた時は心から嬉しくなります。

一年間で3回の骨折!
なにもできない自分に感じた「無力感」。

一年間で3回の骨折!
なにもできない自分に感じた「無力感」。

このお店は、妻がシェフとして料理を作り、私がホールを担当しています。しかし、昨年、妻が一年間に3回も骨折するという事態に見舞われ、どうしてもお店を休まなければならない状態になってしまいました。その時は、毎回楽しみにしてくださっているお客様にご迷惑をお掛けし、妻がいないと何もできない自分に対して無力さを痛感しました。

お客様がいるから、自分たちの仕事がある!
大切なことを再認識させてくれた瞬間。

お客様がいるから、自分たちの仕事がある!
大切なことを再認識させてくれた瞬間。

妻の怪我が回復し、お店を再開する時、お客様が離れてしまったのではないかと不安でしたが、たくさんの常連さんがずっと待っていてくれて、「すごく心配していたよ」とたくさんの方から温かいお声をいただき、すぐにリスタートを切ることができました。その時、このお店はお客様に支えられているからこそ、ここまでやってこられたのだと改めて実感しました。これからも、その期待を裏切らないようなサービスを続けていきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

  • もしもの時!とは
  • ムービーで見るもしも!
  • ドクター・ホームネットとは

Copyright © 2003-2016 ドクター・ホームネット by 日本PCサービス株式会社. All rights reserved