ドクター・ホームネット

もしも!の時もしも!のプロ

0800-555-0049

犬猫10秒動画で人気のアプリ「mofur」とコラボした100人到達記念動画を公開中!

シェアしよう!

もしも!の時

桑原 邦明 シェノワオーナー/シェフ

プロフィール

創業43年を迎えた洋食レストラン「シェノワ」の2代目オーナー。16歳よりホールスタッフとして修行を始め、高校卒業後に父が経営する運営会社に就職。30歳の時に有限会社パンプを設立し、現在は系列4店舗の代表取締役として、お客様との接点を大切にする経営を行う。

開店前のお店が、あたり一面真っ白に!

老舗の味を繋いでいくために
常に磨き続ける技と心。

老舗の味を繋いでいくために
常に磨き続ける技と心。

43年目を迎えた「シェノワ」では、たくさんのお客様に愛されている味とサービスを、時代を経ても変わらずにご提供していくことをモットーに日々営業しています。特に、「シェノワ」の魂とも呼べるデミグラスソースを、先代の時代からのお客様にも満足いただけるように、守り続けていくことが自分の使命だと感じています

この場所が、誰かの大切な場所であり続けるために
お店にかける思いが時代を越えていく。

この場所が、誰かの大切な場所であり続けるために
お店にかける思いが時代を越えていく。

新店舗をつくる際は「愛用する道具」のように、時間とも風合いを増す店作りをコンセプトにしています。何年間も改装することなく、壊れた時には修理をして使い続けています。それは、この店でお食事をされた恋人が、家族となり、そのまた子供たちが大人になっても、変わらずあり続ける「大切な場所」へとなるように願う気持ちを込めているからです。

チームワークがピンチを乗り切る原動力。
今すべき役割を理解して動くことで、絆は深まる。

チームワークがピンチを乗り切る原動力。
今すべき役割を理解して動くことで、絆は深まる。

ご予約のお客様で一杯のある日、開店一時間前の準備中に消火器が噴出した時は慌てました。スタッフ総出で店内を掃除し、なんとか開店に間に合わせることができた時は、胸をなでおろしました。ピンチの状況にも慌てずに、スタッフひとりひとりが役目をしっかりとこなしてくれるチームワークには、いつも助けられっぱなしですね。

できることは、自分たちでやる!だけど、
パソコントラブルにはやっぱり困ることも…

できることは、自分たちでやる!だけど、
パソコントラブルにはやっぱり困ることも…

「シェノワ」はできることはすべて自分たちでやるお店です。メニューや、HPなどもすべてスタッフが手がけているのですが、やはりパソコンのトラブルの際などは苦労します。店内で流しているBGMはすべてパソコンから出力しているのですが、なぜかアンプに繋がらなくなり、パソコンの内蔵スピーカーで対処したことがあったのですが、その時は非常に困りましたね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

  • もしもの時!とは
  • ムービーで見るもしも!
  • ドクター・ホームネットとは

Copyright © 2003-2016 ドクター・ホームネット by 日本PCサービス株式会社. All rights reserved