ドクター・ホームネット

もしも!の時もしも!のプロ

0800-555-0049

犬猫10秒動画で人気のアプリ「mofur」とコラボした100人到達記念動画を公開中!

シェアしよう!

もしも!の時

小田 智幸 スケートボーダー/会社員

プロフィール

中学生の時に出逢って以来、スケートボード歴22年。専門学校卒業後、スノーボードのインストラクターになったが、現在平日の昼間はミキサー車の運転手として働き、週末や夜間にスケートボードを楽しむスタイルに。無理せず、自由にやっていくのが信条。

取材協力:X-tech大阪店 www.x-tech.co.jp

メイキングムービー

重量データの動画は、すぐ使用制限が・・・

かっこいいなとやり始めたら
見事にはまってしまった!

かっこいいなとやり始めたら
見事にはまってしまった!

サラリーマンをやりながら、スケートボードを楽しんでいます。ボードに出会ったのは中学生の時。かっこいいなとやり始めたら、22年も続けることになってしまいました。前職はスノーボードのインストラクター。滑ることが楽しくて、スポーツ系の専門学校でインストラクターの資格を取ったんです。でも冬になると雪のある地方で住み込みで働いて、夏はバイトという不安定な生活がしんどくなって…。滑るのが好きだから、楽しいと自分が感じながら滑り続けるために働き方を見直しました。今は週に数回のペースで滑っています。細く長く、自分のペースで楽しみたいですね。

同じ技でも人によって
スタイルが違うのが面白い

同じ技でも人によって
スタイルが違うのが面白い

長い間やっているけど、スケートボード人口は増えてきていますね〜。スケートボード専用の公園ができるなんて、昔は考えられなかったですよ。年齢層も下は小学生から上は60代の人まで。滑っている時は年齢なんて関係なくなりますね。みんなそれぞれの個性で滑っているのを見るのも面白いですよ。スケートボードにはたくさんの技があるんですけど、実は全部の技をできる人は世界中にひとりもいないんです。しかも、同じ技でも滑る人によってスタイルが変わる。答えがないし、大きな可能性があると思うんですよね。それが僕がこのスポーツから離れられない理由。飽きることがないし、むしろ年々面白くなっているんです。

滑りながら自撮りしていたら、
スマホが飛んでいった!

滑りながら自撮りしていたら、
スマホが飛んでいった!

もちろんケガはいつも隣り合わせです。鼻の骨折は3回しました。でもこれでやめようと思ったことはないですね、もう切り離せない存在なので。だから、無茶なことはしないようにしているんですけど、ちょっとしくじったことも。布団をはさむ洗濯ばさみにスマホを挟んで自撮りをしていたら、最後にバランスを崩してしまって、スマホが空に飛んでいきました!「うわぁ~!!!」って思ったけど、どうしようもなかった。曲線を描いて、コンクリートに落ちました。でも、打ちどころが良かったのか無傷。カバーをしていたのも良かったのかな。とにかく、今も普通に使えています。

遠方の仲間との情報交換に
夢中になって、つい夜ふかし

遠方の仲間との情報交換に
夢中になって、つい夜ふかし

SNSはむっちゃ使ってます。県外のボード仲間と気軽に情報をシェアできるのがいいですね。頭が痛いのは、つい夜遅くまで時間を費やしてしまうこと。気がついたら、夜中!ということもしょっちゅうです。すぐに容量オーバーになって使えなくなるのも困りますね。パソコンは持っていなくて、スマホオンリーですが、特に不便も感じないですよ。ただ、自分で映像を撮ってパソコンで編集できるのはいいなと思います。自分で滑って、自分で撮って、自分で編集できたらむちゃくちゃカッコイイですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

  • もしもの時!とは
  • ムービーで見るもしも!
  • ドクター・ホームネットとは

Copyright © 2003-2016 ドクター・ホームネット by 日本PCサービス株式会社. All rights reserved