感染症の拡大に伴うお客さまへのお願い

ドクター・ホームネットでは新型コロナウィルス感染症(COVID-19)対策として、訪問・持込対応時の対策を実施しております。
その一環として、受付時及び訪問時にお客さま・ご家族さまの体調確認をさせていただく場合がございます。
何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
尚、当社のスタッフについても毎朝の検温・体調確認のうえでサポート対応を行っております。

ウイルスに感染する原因と対処方法についてパソコン初心者向けにドクター・ホームネットが解説いたします

パソコンがウイルスに感染する原因と対処方法

ウイルスパソコンに感染するコンピューターウイルスによる被害は後を絶ちません。自分のパソコンのトラブルだけではなく、社内や家庭内の別のパソコンへの広がってしまうことがあります。小さい症状でもチェックして、ウイルスに感染してしまったら必ず原因を突き止めるようにしましょう。ウイルス駆除を後回しにしてしまうと非常に危険ですので、被害を食い止めるためにも早急に対応する必要があります。

パソコンがウイルス感染したときの原因とトラブル内容

ウイルス感染の代表的な原因

  • USBメモリー・外付けハードディスク・CD・DVD・スマートフォン等の外部メディアに接続して感染してしまった
  • ウイルスが混入したメールを開封してしまった
  • 不正サイトへのアクセスや広告をクリックしてしまった
  • 不正ファイルやアプリをダウンロードしてしまった

パソコンの動作に関する感染トラブル

  • パソコンやアプリケーションの動作が重く、フリーズや強制終了してしまう
  • パソコンが勝手に再起動して操作をすることができない

インターネットに関する感染トラブル

  • データやファイルがネット上に流出してしまう
  • 全く覚えのない広告ページやメッセージが勝手に表示されてしまう
  • ブラウザで最初に表示するホームページが変わってしまった
  • インターネットの接続がすぐに切れてしまう
  • 通信していないモデムやランプが点滅する

その他に関する感染トラブル

  • パソコンの中に不正アクセスされて情報が漏洩する
  • ファイルが消えてしまい、別の場所に移動している
  • デスクトップに見覚えがないファイルが存在している
  • 見覚えがないメールが第三者へ勝手に送信されていた
  • セキュリティーソフトが動かない

パソコンがウイルス感染したときの対処手順

インターネット接続を切断する

インターネットブラウザーパソコンがインターネットにつながっていませんか。もしつながっていたら非常に危険です。ウイルスの感染が拡大して他のウイルスが侵入してくるため、ネットワークの切り離しは最優先で行いましょう。インターネットにつなげないようにするために、LANケーブルを抜いた後、ワイヤレススイッチの電源を切ります。複数のパソコンがLANケーブルでつながっている場合、他のパソコンや共有サーバーに感染してしまう恐れがあるので、パソコンが1台でもインターネットに接続していると、個人情報がネット上に公開されてしまう恐れがあるので十分注意する必要があります。

セキュリティーソフトを最新にアップデートする

セキュリティーソフト最新のセキュリティーソフトがインストールされているか確認しましょう。ソフトがバージョンアップされていななければ、最新のウイルスを検知することができません。セキュリティーソフトは危険なウイルスかどうか、今までのデータを照合してチェックをしておりますので、ウイルスを駆除する前にセキュリティーソフトのバージョンを最新にしておきましょう。

ウイルススキャンをして駆除を行う

ウイルススキャンをして駆除を行う最新状態のセキュリティーソフトにバージョンアップできたら、ウイルスチェックを行います。同時にウイルスの種類と被害状況を確認します。ウイルスが発見されたら感染の原因となったファイルやメールは削除します。(※デスクトップからではなく、ゴミ箱上からも削除します)。ネットワーク等で別のパソコンとつながっている場合は別のパソコンもウイルスに感染している可能性がございますので、ウイルススキャンは社内全てのパソコン・サーバー・USBメモリー・外付けHDDなどの外部機器まで実行することが必要です。そして被害状況はどこまで拡大しているかを確認して、他のパソコンにも同じ症状が出ていないか必ず確認するようにしましょう。

パソコンを修復後に再度アップデートしてウイルスをチェック

アップデートウイルスによって変更されたシステムを修復するセキュリティーソフトがあれば修復が可能です。セキュリティーソフトを再度アップデートして、ウイルスが全て削除されているかどうか、改めてスキャンして確認しましょう。

セキュリティーソフトを使用しても改善しないときの対処方法

パソコンを初期化

どうしてもウイルスを駆除できない場合はパソコンを初期化するのも一つの方法です。初期化するとパソコンのデータは全て消えてしまうので、日ごろからバックアップしておくことが大切です。

パソコンの初期化については一般的には下記の方法があります。

リカバリーディスクを使用した方法

  1. BIOS起動順位を変更する(CD/DVDドライブを優先起動にする)
  2. リカバリーディスクをセットする
  3. 手順に従いリカバリー作業を行う

HDDリカバリー領域からの方法(D to Dリカバリー)

  1. 電源投入後に特定のキーを押す(メーカーによりキーは異なります)
  2. 手順に従いリカバリー作業を行う

WindowsインストールCDを使用した再インストールする(自作パソコンなど)

  1. BIOS起動順位を変更する(CD/DVDドライブを優先起動にする)
  2. 手順に従いWindows再インストールする

会社でウイルス感染の被害をうけたときの被害内容と対処方法

おもな感染トラブルについて

  • 会社の機密情報が漏洩されてしまう
  • ホームページが改ざんされてウイルスが拡散されてしまう
  • 自社サイトを利用しているユーザーの登録情報を悪用されてしまう
  • メールを乗っ取られてしまう
  • ファイルやシステムが破壊されてしまう
  • ノートパソコンの内蔵カメラやマイクで盗撮や盗聴されてしまう

社内で感染したときに徹底すべきポイント

社内サーバーや登録サービスのパスワードを変更

パスワードを変更ウイルス感染によって重要なIDやパスワードが流出している可能性があると、自社サイトの管理アカウントに不正ログインされてしまい、サイトの改ざんや顧客のクレジットカードの情報まで漏れてしまうと、大変な事態を招くため、ウイルスに乗っ取られる前にIDとパスワードを変更しておきましょう。パスワード変更は3か月に1回行うなど社内ルールを設けて、ウイルス感染を未然に防ぎましょう。

ウイルス感染したことを社内で報告

パスワードを変更周りに知られたくないので、ウイルスに感染したことを黙っていると状況を悪化させてしまう可能性があるので、大変危険です。自分でウイルスをスキャンして駆除できたように見えても、共有サーバーなど他の場所にも感染が広がる恐れがあります。自分のミスでウイルスに感染してしまった場合は、情報システムの責任者に必ず報告しましょう。ウイルスに感染してしまった検知情報を社内に流すことで警戒と防止にもつながります。

パソコンの修理業者に依頼しましょう

ウイルスに感染しているかの確認やウイルスを駆除、さらにセキュリティー対策はもちろん、初期化した場合にはさまざまな初期設定も必要となります。ドクター・ホームネットではウイルス感染時に発生するさまざまなトラブルの解決や設定サポートが可能ですのでお気軽にお電話ください。

パソコン修理の流れを確認する

パソコン初心者向け解説講座に戻る

e-おうち保証 月額1,078円で電話・リモートサポートが365日使い放題!

パソコンがウイルスに感染する原因と対処方法の情報、パソコン修理のことなら【ドクター・ホームネット】パソコンのトラブル事例や修理事例をはじめとして、PCトラブルの最新情報などパソコンに関する情報が満載なパソコン修理情報サイトです。

「パソコンが起動しない!」「ウイルスに感染してしまった!」「インターネットやメールができない!」など様々なトラブルを初期化せずに原状回復、PC修理を行います。パソコン初心者の方でも安心してご利用いただけるように、難しい専門用語は使用せず、また訪問修理でも信頼できる質の高い接客ができるように正社員がしっかりとサポートいたします。

パソコンの故障かパソコンが調子悪いなど気になる事がありましたら、お電話かお問い合わせフォームからご連絡ください。パソコンがウイルスに感染する原因と対処方法などのPC修理に関する情報なら【ドクター・ホームネット】

パソコン修理をすぐ相談!
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-49-85-00 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!
もしもの時の印刷用資料
24時間受付 Webで申し込む

ただいまの時間帯はフォームでの受付を承っております。サポートをご依頼される場合は9:00~21:00の間にお電話いただくか、ご予約フォームをご利用ください。

ご予約フォーム
お名前
フリガナ
電話番号
連絡時間帯

個人情報取扱い同意書の内容にご同意いただけましたら「私はロボットではありません」にチェックした上で「同意して送信する」を押してください。