データ復旧用語集

メインメモリとは

メインメモリはデータプログラムを一時的に記憶しておく装置であり、RAMともいう。
データをCPUから直接読み書きするので高速に情報処理を行えるが、価格が高いため大量には使用できない。また、電源が供給されている間のみにデータ記憶を行っているので、電源を切るとデータが失われてしまうデメリットがある。(このためメインメモリは「一時記憶装置」とも呼ばれる。)
このため、コンピュータではハードディスクなどの外部記憶装置(補助記憶装置)がメインメモリのほかに設置されている。

また、メインメモリの容量の目安はパソコンの用途によって異なり、容量が多いほど快適な動作環境を得られるが、インターネットやメール等の処理に比べ、PCゲームや動画・画像編集等の処理の方が使用するメインメモリの割合が多く、メインメモリ容量が不足すると処理に時間がかかったり、正常にソフトウェアが使用できなくなることがある。

メインメモリは無制限に搭載できる訳ではなく、OSやマザーボードによる制限を受けるので、使用しているパソコン環境により上限は異なる。

用語一覧

A~Z

あ行

か行

さ行

た行

は行

ま行

や行

ら行

どんなメーカー/機器/OSでもデータ復旧可能!何でもご相談ください!

  • パソコン/HDDデータ
  • 外付HDDデータ
  • スマートフォン携帯電話
  • 各種メモリ/カードデータ
  • RAID/NASサーバ

最新のデータ復旧事例

復旧事例をもっと見る

データ復旧ラボにご依頼いただいたお客様の声

お客様の声をもっと見る

このページの上へ

メインメモリの情報、大切なデータを復旧させるなら【データ復旧ラボ】パソコンのハードディスクやUSBメモリ・SDカード、RAID・NASサーバーなど保存していたデータを復旧させるために、専門知識・技術・経験を持った熟練のスタッフが、症状を適切に見極めてデータ復旧作業を行います。パソコンのデータ復旧から、iPhoneをはじめとするスマートフォンやUSBメモリ/SDカードなど様々な媒体のデータ復旧も可能です。年間修理100,000件以上の実績から、過去のデータ復旧事例など様々な情報をご紹介。メインメモリをもっと知りたい方は、お電話でご連絡ください。