【夏の暑さと湿気のトラブル/藤本 その2】営業のパソコンが動かない

藤本幸浩
藤本幸浩
FS事業本部 FS直営店事業部

8月:夏の暑さのトラブル 熱中症と水の事故。
パソコンもご注意!

夏になると増えるパソコンのトラブル。前回はオフィスや工場など、「屋内」のパソコントラブルについて解説しましたが、今回は外回りのお仕事をされる方々の「屋外」の事故についてです。

  • トラブルその1:車内に置いたパソコンが、動かなくなった
  • トラブルその2:飲料水がこぼれ、パソコンが動かなくなった

パソコンが動作するのに適している温度は5~35℃、湿度は20~80%と言われています。
私どものお客さまの中には、外回りの営業や商品配達のため、車の中でパソコンを使われる方もいらっしゃいます。夏場の車内温度は、50℃を超える場合もあります。冷房の効いたオフィスから移動して、急激な温度差が生じると、内部結露の発生・基盤の変形・部品の故障が起きる可能性があります。

社内に置かれたパソコンあるお客さまのケースです。
外出先で使用するためパソコンを持ち出し、商談をしたところまでは問題ありませんでした。会社に戻り、屋根のない駐車場に車を停め、そのまま昼食に出かけましたが、パソコンを持っていくのを忘れていました。日中放置し、しばらくしてから気がつき、車に取りに戻りましたが、電源を入れてもパソコンは起動しません。

出張サポートとして駆けつけて検証したところ、マザーボード(メイン基盤)が壊れているという診断となりました。部品交換を行い、正常に電源が入り使用できるよう修理を行いました。

カフェで使用しているパソコン別のお客さまのケースです。
カフェでノートパソコンを使用していたところ、誤って飲み物をこぼしてしまいました。そのときは使用できましたが、次に電源を入れようとしても入りません。

当社のフィールドサポートが駆けつけたところ、「大事なデータが入っており、修理に時間をかけていられない。」との状況でしたので、内蔵ハードディスクから必要なデータを復旧してバックアップを実施しました。その後、商談には別のパソコンを使用して、無事に契約することができたそうです。

夏場はのどが渇きやすく、飲み物をそばに置いて仕事をする頻度も多くなるため、このようなトラブルも増加します。少量の水分でも、パソコンにかかる箇所によっては致命的なことがあります。
筐体(きょうたい)一枚の裏側は、剥き出しの基盤です。どこの部分にどの部品があるかは、機種によってまちまちです。裏側が少しぬれただけなのに、とおっしゃるお客さまもいらっしゃいますが、通風孔を通じて漏水によるショートの可能性もあり、わずかでも故障の原因になります。

解決策

まず、車内にはパソコンを放置しないようにしましょう。
小さなお子さんが車内で熱中症になる事故がありますが、精密機器であるパソコンも熱には要注意です。どうしても置いておく必要がある場合は、電源を落として直射日光が当たらないところに置きましょう。
室内や車内から持ち出すときは、必ずシャットダウンし、パソコン内部が作動して熱が生じることがないようにしましょう。

またパソコンには、水分をこぼさないように気を付けましょう。
どうしてもぬれて電源が入らなくなった場合も、かなりの確率でデータの取りだしは可能ですのでご相談ください。企業でお仕事をされているお客さまは、データこそが必要です。パソコン自体の修理ができない、または費用や日数がかかる場合でも、データ復旧であればその場で解決できることが多くあります。

暑い夏はまだ続きます。車内の放置は避け、飲料水はできるだけパソコンから離しましょう。
そして予防として、データのバックアップを普段からとるようにしましょう。

働く人もパソコンも、熱中症と水の事故には注意だね。

連載コラム

0120-49-8599 受付時間9:00~21:00 年中無休 土日祝日もOK! 0120-49-8599 受付時間9:00~21:00 年中無休 土日祝日もOK!
サポート料金を見る 導入事例を見る サポートを依頼する

連載コラム 営業のパソコンが動かないの情報、法人様特有のパソコントラブル解決の専門サービスなら【日本PCサービス】「パソコンが起動しない」「データが消えてしまった」などのパソコントラブルから、「社内LAN環境構築」「システム構築や保守」まで各種対応を豊富な知識と高い技術力を持ったスタッフが全面サポートします。この他にもPCのクリーニングや独自ドメインの取得、退職者のPCリカバリなどもサポートいたします。連載コラム 営業のパソコンが動かないの詳細を知りたい方は、まずお電話でご連絡ください。

通話料無料!携帯電話からもOK 0120-49-8599 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!
もしもの時の印刷用資料
今すぐお電話で相談したい方はこちらをタップ 0120-49-8599連絡先に追加する